詐欺メールには気をつけよう


以前からここで、詐欺メール関係に注意するよう書いているが、一番やってはいけないことは、銀行、クレジットカード、PayPal等からのメールと思い、そこにあるリンクから、何の躊躇もなく、ホームページに飛ぶことではないかと思う。

そういうメールでの偽メールは、特徴があって、送り先は、XXXX銀行などになっているものの、よくよくそのメールアドレスをきちんと見てみると、訳のわからないメール専用のドメインで、それが怪しいものであると気づくのだが、実際には、なかなか気づかない人が多いようだ。

実は、私もPayPalからのメールと一瞬思ったが、どうも内容が怪しそうなので、その送られてきたメールアドレスを調べてみたら、全く関係のない、メールアドレスとわかり、そのドメインを調べたら見事に、フリーメールのドメインであったということがあった。もちろん、これは、「詐欺メール」である。天下のPayPalが、こんなフリーメールのところから送ってくるはずがない。
実際に被害にあわれた人がいるのではないかと、いろいろ調べてみたら、案の定、被害にあわれた方々が、現実にいるようだ。

本来、PayPalなんか、トラブルに合わないように使用する仕組みとしては最適で、そのライバルで某国の日本の某企業が出資しているところなんか、その足元にも及ばないと、個人的には思っている。もしPayPalですら、よくわからない人は、某国の類似サービスなんか使うと、合法的にお金をなくすことになりかねないくらいだ(実際に少額といえども、なくした人を数多く知っている。なぜ香港ですら、その「代行サービス」を利用する人が多いかを考えると、その被害にあった人が多いことが、自然にわかる)。

話を元に戻すが、詐欺メールにはくれぐれも気を付けましょう。こういう分野は、セキュリティソフトですら、未だにカバーしていないところも多い。もしカバーしていたとしても、新たに出てくる詐欺サイトの対応は、そう簡単ではないはずだ。

特にMacを使っている人たちは、どうも、そういうものに、ひっかかりやすい気がする。もう「ウイルスだけ」を心配する時代は、とっくに終わっているというのに・・・・

NEC Direct(NECダイレクト)

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です