またまた電気製品が壊れる

Pocket

香港の方も、やっと普通の寒さに戻り、やっと一安心というところなのであるが、それでも、例年より寒いことには間違いない上に小雨が降る天気のため、結構きつい。

前回の「異常な」寒さのおかげで、またもや、電気製品が壊れまくり。PCがおかしくなったと思ったら、今度は、洗濯機のコントローラーが異常をきたす。
洗濯もできないのは、さすがに困る。すぐさま、以前書いた、なんでもなおすという、修理の親父さんに電話・・・。留守番電話だ。繋がらない。

しょうがないので、とりあえず、自分でなんとかしなくてはならない。別に、洗濯機自体のスイッチはつくようだし、洗濯機のコントローラーということは、コンピューター制御というわけだから、結局、基本、PCの時と同じわけだと考える。
電源を外して付け直したり、暖めたり、いろいろ試行錯誤で、やってみる。それでも駄目なら新たに購入かと考え、できないと諦めかけたその時、いきなり正常に動き出した。その瞬間、偶然に、修理の親父さんから折り返しの電話がかかってくる。

どうやら、家だけではなく、他の家庭でも電気製品が壊れたとの電話が相次ぎ、その修理に追われていたようだった。
こっちの方は問題がなくなったと言ったら、やはり同じような見解で、いきなりの寒さ等でこの手のトラブルが起きやすく、とりあえずは、「リセット」ということで、一度電源を外して数十秒後、付け直すだけでも効果がある場合が多いと言っていた。
それと、あれこれ、いじっている間で、やっと機械も温まったのであろう。

まあ、その上に、以前から書いているが、どうも香港の電気の「質」は、日本のように優秀ではない上、その住んでいる各家庭というか、マンショんのこれまた事情で不安定な所も少なくなく、壊れやすいようだ。知り合いの人たちの電気製品も壊れまくって困っているというか、電化製品の寿命は、1年だと決めつけ、諦めている人もいるくらいだ。まあ、湿気が多い香港で、他より電気製品は壊れやすいのかもしれないが、製品がだんだん丈夫でなくなっている気がする。これが、聞いたこともない中国の製品だと、数ヶ月とかになってしまう。

まあ、壊れるぐらいだったら、まだ良い。一番怖いのは発火だ。知り合いの中ですら、「突然クーラーが発火した」という話などを聞いたぐらいだ。幸いなことに、火事にはならなかったようだが、とにかく、香港では、電気製品には気をつけて。

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です