赤い線香の話


アジアの各地の中国系のお寺の線香は日本の一般的なものに比べるとかなり長い。
一般家庭用ですら長く、ただ最近は、日本のような短めの線香や無臭の線香も増えている。そういう線香を売る店で、たまに真っ赤な線香が売っていたりする。

昔、シンガポールに住んでいた頃の話。その時住んでいたある場所の近くに古いx小さな観音寺があった。ただその場所が結構わかりにくい所にあったことと、交通は大変不便な場所にあったので、訪れる人も少ない様子だった。
1日に数回ほど、そのお寺を管理するおばあちゃんが来てそのお寺の掃除をしていた様子であった。
近所でこれも何かの縁だろうと、たまにお参りに行っていた。

ある日、線香を売っている店で赤い線香がやたらと大量に売られていた。その時は、「赤い線香もあるんだ」という軽い気持ちで、また逆に普通の線香が少量では売っていなかったので、その赤い線香を購入し、そのお寺でお参りをした。

その時、たまたまそこのお寺を管理するおばあちゃんがいた。そして、その赤い線香に火をつけてお参りしていると、そのおばあちゃんが突然怒り出す。
一体、何故だろうと、訳がわからなかったのだが、とにかく、その線香を使うのをやめた。よくよく理由を聞いてみると、赤い線香を観音様にあげるという行為は大変失礼だというのだ。

赤い線香というのは、そういう仏様にあげるのではなく、一般の霊に線香をあげるときに使う線香だというのだ。
その時は確かに旧暦の7月でいわゆる「鬼月」。日本で言うところのお盆の月だ、多分、その季節、街中で一般の浮遊霊等の供養も含め、ドラム缶などで、金やら衣服などにみたてた紙などを燃やしたりするが、その時に使われる線香なのであろう。

たまに香港でも、小さなお寺とかで、誰かが寄進したのか、赤い線香が置いてあったりする。でも、それを使って、仏様にお祈りしてはいけないのだ。
注意しましょう。

________________

[最新iPhoneアプリランキング:TOP5]

最新のiPhoneアプリランキング、TOP5です。
突然のバーゲンでランキングトップになるアプリもあったりしますので要注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です