ついに暴行事件が発生していた

Pocket

ここでもう散々書いたが、一部の香港の場所で、街歩く人達に、大勢の不動産エージェントの勧誘員が群がり、あれこれ物件を勧誘する「迷惑行為」が昔から問題になっていると書いたが、先日、これに関してついに、暴行事件が起こったという報道があった。

場所は、紅磡(ホンハム)駅。あのあたりの特にその近くの大きなショッピングモールで、下手をすると、そこに来たお客さんより、不動産勧誘(販売)員の数が遥かに多い時間帯もある。そこだけでなく、駅構内に当たる場所にすら、その勧誘員たちは、群がっていた。なぜなら、紅磡駅は、中国大陸の方から電車で来る時の終点に当たる場所だ。彼らのターゲットは、はっきりしている。

政府も時々、規制などをしている様子で、また不動産市況により、一時期その数も激減していたが、最近また、その数が急増している。

まあ、さぞかし、しつこい勧誘にムカついて、何か暴行事件でも発生したのかなと思ったら、事実は違った。もっと呆れた話であった。
何と、駅構内に当たる場所にも関わらず、不動産勧誘を行っていた不動産エージェントの職員に対し、駅員さんが注意したところ、それにキレて、こともあろうか、その駅員さんに対し、暴行をはたらいたのだ。

本末転倒の事件だ。その翌日、さぞかしその辺りの場所の勧誘員の数が減っただろうと思って行ってみたら・・・減っていなかった。
さすが香港・・・

 
[最新iPhoneアプリランキング:TOP5]

最新のiPhoneアプリランキング、TOP5です。
突然のバーゲンでランキングトップになるアプリもあったりしますので要注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です