そうだ!冷やしてみよう


今回、現在使用しているiMacのトラブル時に、Time Machineで使っていた外付けのハードディスクまでもがダメになってしまうと事態が起こった。その外付けのハードディスクのバックアップからEl Capitanへの復元を図ると、エラーが出まくりになるだけでなく、El CapitanのUSBの問題やiMacの老朽化も重なり、ついにハードディスクの動作ががおかしなことになり、ついには、そのハードディスク自体にアクセスできなくなってしまった。ハードディスクが壊れてしまったのだ。

使っていたハードディスクは、Buffalo社の外付けのハードディスク(LB2.0TU2)で、いろいろなサイトを参考にし、必死で分解。蓋を開けてみると中の構造は意外に単純明解なのであるが、ただこれなら熱でハードディスク寿命は意外に短いはずだと、悪い意味で納得する。
そのあたりの分解作業等は時間があったら書くが、穴2カ所につまようじを突っ込み、ドライバーでこじ開ける作業は、基本的には簡単な構造ではあるものの、要領を得ないと、そう簡単にできる作業ではなかった。

とりあえず、その問題があるハードディスクを取り出して、以前買った、ハードディスクを突き刺して外付けにするタイプのドックに取り付けてみる。

HDD1
中身はSeagate社のハードディスクだった)

ダメだ。ハードディスクを読み取れない。
そこで奥の手。都市伝説っぽいが、ダメになったそのハードディスクを冷凍庫で冷やすという荒業をやってみることにした。実際にこれで蘇ったという報告があるし、昔、実際にその方法でデーターを救済したことがある。ダメで元々だ。

ハードディスクを冷凍保存用のジッパー付き袋に入れ、10分ほど冷凍庫で冷やしてみる。そしてそれを取り出したが、うーんよく冷えている(笑)。で、祈りながらドックに突っ込む。おお、ドライブを認識した。しかし、そう甘くない。フォルダーの先のファイルに進めない。もう一度ドックから外して、また繋いでみる。その繰り返しをしていくうちに一部のTime Machine のファイルとアクセス出来た。その中で、重要なファイルをバックアップ。

時間との勝負で、また一時したら、アクセスできなくなる。ハードディスクもかなりの熱を帯びている。また冷やしたり、時間をおいて、状況を見ながら、休み休み繋ぎ直し、ファイルを少しずつ、バックアップしていく。

なんとか、かなりの重要なファイルを救済することに成功した。
ハードディスクのデーターは、どんなに壊しても、取り出すことができるというが、逆にそのハードディスク自体は壊れやすくなってきている。大容量となればなおさらだ。
そういえば、壊れたハードディスクからデーターを蘇らせるサービスがどこでも大繁盛という話を聞いたことがあるが、色々な事情で、そういう商売を流行らせるために、最近ますます逆にハードディスクの耐久性がなくなってきたのかなと思ってしまうくらい意外に脆かったりする。

ということで、現在もそのダメになったハードディスクのデーターを少しずつバックアップしているのであるが、すでに特に重要なデーターは取り戻した。よかった、よかった。

[最新iPhoneアプリランキング:TOP5]

最新のiPhoneアプリランキング、TOP5です。
突然のバーゲンでランキングトップになるアプリもあったりしますので要注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です