Time to say goodbye

7月1日より鳴り物入りで開始したApple Music。残念ながらこのサービスのおかげで、自分の音楽ライブラリーはぐちゃぐちゃになり、Time Machineでバックアップしていたと思ったら、実はトラブルで復活せず、大変な被害を被った挙句、ここでは書かないが、他にももう利用したくないというトラブルに見まわれ、それでも、何かビックサプライズがあるかもしれないと思い、とりあえず、試用期間まで放っておこうと思ったら、もう、そろそろそ3ヶ月間の試用期間(7月1日に開始したら10月1日まで)が終了する。iCloudですら信用できないのに、この内容で毎月お金など支払えない。それよりそのお金で好きなアーティストの楽曲を個別で買った方がマシだ。しかも、サービスがないアーティストが多すぎる。

中にはもちろん、このサービスを気にいっている人も大勢いるだろうが、自分としては、一生かかっても、もうすべてを聴きかえすことができないくらいのCD等を保持しているので、残念ながらこのサービスは不向きだ。Apple自体のこのコンセプトはもはやはっきりせず、ブレている。

じゃあ、このサービス自体に不満を持つ人は、これを機会に継続しないかと思うので、サービスは終わる前に、MacなどのiTunesに関して、きちんと、以下のことをやっておこう。 →「Time to say goodbye」の続きを読む