カットロス!

ご存知の通り、iPhone6sの販売が香港でも本日より開始されたが、例年に比べ、大変静かに始まった。

すべては、iPhoneの販売を予約方式に切替たことが功を奏したと書いてある報道が目立つが、まあ、実際その効果もあるものの、それより、某国の(特殊な金持ちの)経済事情が良くないことと、今回の機種の人気がそこまでないということだ。(他にも詳しくは書けないが、転売におけるカードの個人情報の件もある)
今だから書けるが、「業社」が追い求めていたのは、iPhone6s+のローズゴールドの大容量のみ。実際、同じローズゴールドでもiPhone6sに関しては、そこまで予約殺到、即完売ではなかった。つまり一部のお金持ち様用というわけだ。

今回のiPhone6sのインパクトが以前ほどない。ただ、今回ようやく2GBの内部メモリだと考えられていることから、iPhoneユーザーから言えば、本当の買い替えのタイミングとも考えられ、人気が持続しやすいとも考えられる。ただ気になることがある。 →「カットロス!」の続きを読む