Boot Campをしたのに「起動ディスク」でWindowsが認識されない

Windows10の導入にあたり、最初は、MacでBoot CampをしてWindows7を導入し、その後に、Windows10にアップグレードしたのだが、本来、Boot Campにおいて、MacとWindowsを切り替える方法として、いわゆる起動時に「option」キーを押しっぱなしにして、ドライブを選ぶ方法とは別に、例えば、現在使っているMacのOSXからWindowsに切り替える方法としては、「システム環境」→「起動ディスク」の中の「Boot Camp」を選んで再起動する方法がある。
しかしたまに、Macの環境によって、その中に、あるはずのWindowsのディスクが見当たらないことがある。

これについて、実は、「いまさらBoot Camp(その5)」でちょっと説明したのであるが、意外に知らずに悩んでいる人が多いようなので、参考までに書いておく。 →「Boot Campをしたのに「起動ディスク」でWindowsが認識されない」の続きを読む