結局、Windows10に

Pocket

今回のWindows10に関しては、かなり気に入っている。ただ、まだまだWindows7のように安定的に使い切れる段階のOSではない。しかし、元々、Windows8(8.1)の環境ならアップグレードした方が良いのかもしれない。

Windows8シリーズに関しては、悪い意味でタブレットなどの共通OSにこだわりすぎた上にそれに合理性が加わり(共通のOSは確かにアプリの開発等の合理性から考えても必要不可欠で結局Appleも気付いての前回の発表だと思ったが)とても使いにくいOSとなってしまったが、Windows10によってそれがようやく良い方向に動き出した感がある。やはり今回一番大きい要因は、使いやすく、ある意味洗練されたUIにあると思う。実感がさほどない数字的な、しかもたいして使わない、ある意味オカルト的な機能の向上より、より使いやすくて便利なUIの方が実感があるので、万人に受けるのは当たり前だ。

残念ながら、Windows7などに対し、Windows10の方が若干起動が遅い。それでも、総合的に見れば、そこまで気にするほどの問題点でもないのだ。

安定性から見れば、Windows7の環境下で直ぐにWindows10にアップグレードするのは、馬鹿げているのかもしれない。
実際、Windows8.1登場時、使えないソフト等が大量に出たことを思い出した。
その後各メーカーが、それ用のドライバ等を出してきたが、メーカーによって中途半端で、とりあえず動くというものさえあったようだ。

そして、その顛末(長年使い続けたPCが突然壊れ、新しいPCにしょうがなく買い直した話)は今度書くが、Windows7をインストールし、その後Windows10にアップグレードしたのだが、やはり問題点が出てきた。
Windows7では問題なく使えた周辺機器のドライバやソフトに問題が出て、大変なことになったのだ。

しかし、逆に、本来は問題が多いであろう、iMacのBoot CampのWindows7のWindows10へのアップグレードに関しては、全く問題がなかった。Mac自体、そのモデルによっての中のいろいろな部品は、結局メジャーなものだし、Windows8.1までの「Boot Camp アシスタント」が結構しっかりとしたものだったので、インストール途中の一部のトラブルでの認識しない問題もあるようだが、再インストールやらそのドライバを入れ直す方法等、ある程度、対策はあるようだ。(実際、自分の場合は、全く問題はなかった)
そして、次のOSX、「El Capitan」の登場の頃に、正式にドライバをサポートするだろう。

以前、「Windows10って結構いいかも」という話を書いたが、本当にBoot CampでWindows7の時に比べて遥かに、Windows10を使う事が多くなってきた。そして、Macのような便利な機能がいくつかある。Macで便利なものをWindowsにようやく導入した感もある。

結局、iMacのBoot Campだけではなく、WindowsPCに関しても、Windows10の導入となった。しかし、買い直すハメになった新しいPCに関しては、かなkり苦労することになった。その件はまた今度。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です