結局、Windows10に

今回のWindows10に関しては、かなり気に入っている。ただ、まだまだWindows7のように安定的に使い切れる段階のOSではない。しかし、元々、Windows8(8.1)の環境ならアップグレードした方が良いのかもしれない。

Windows8シリーズに関しては、悪い意味でタブレットなどの共通OSにこだわりすぎた上にそれに合理性が加わり(共通のOSは確かにアプリの開発等の合理性から考えても必要不可欠で結局Appleも気付いての前回の発表だと思ったが)とても使いにくいOSとなってしまったが、Windows10によってそれがようやく良い方向に動き出した感がある。やはり今回一番大きい要因は、使いやすく、ある意味洗練されたUIにあると思う。実感がさほどない数字的な、しかもたいして使わない、ある意味オカルト的な機能の向上より、より使いやすくて便利なUIの方が実感があるので、万人に受けるのは当たり前だ。

残念ながら、Windows7などに対し、Windows10の方が若干起動が遅い。それでも、総合的に見れば、そこまで気にするほどの問題点でもないのだ。
→「結局、Windows10に」の続きを読む