バグはあるが


Windows10が登場し、それを実際に使用していみたが、数々のバグらしい現象に遭遇する。
たとえば、何回か再起動させると、ブラックスクリーンでマウスカーソルだけになるとか、Windowsアップデートの問題とか・・・。まあ、たとえば再起動の問題は強制終了させ、もう一度起動し直すと、問題はないのであるが。

はっきりいって安定性を求めるユーザーにおいて、今の段階でWindows10の移行は、愚かなことなのかもしれない。ただそれは、別にWindows10だけの話ではなく、すべての出たばかりのOSで言えることだ。
まず、「人柱」さんや、そういうことを生業になされている方々があれこれ試し、OSのリリース会社がそれらのバグを修正して安定してから、一般のユーザーは導入を決めた方が賢いに決まっている。たとえば現在Windows7のユーザーなら、安定しているOSを捨てて導入するなど馬鹿げている。会社とかならなおさらだ。しかも、前述のアップデートに関して、現在セキュリティに関する問題まで出始めている。

今回の自分の経験したバグに関し、そこまでムカつかない。まあ、そうのうちアップデートがあるだろう。それより、一般のユーザーが、新しいOSに移行して、何がおこったら一番ムカつくかということだ。
思い起こせばWindows Vistaの時など、起動は遅い、すべての動作が遅い、動画すらまともに再生できない。それに対し、メモリを増やせばまともに動くと後々わかっても、Windows VistaがインストールされたPCを買ったのにもかかわらず、メモリが最高2GBまでしか増やせない。そこまでやってもWindows XPの時の快適さから考えるとその足物とにも及ばないから、使い物にならない。もうめちゃくちゃにされた。

そこで考えて欲しいのは、じゃあ何故、Windows Vistaがあんなことになったのか。そして今回、マイクロソフトは追い詰められて「何か」をやっと気づいた気もするのだ。

まず最初に言っておくが、Windows10に変えても、劇的に起動などのスピードが上がるとは思わない。逆に完全に起動しきりまでの時間は、Windows7より遅い感じがするし、そういうデータも出ているようだ。ゲーム等のソフトも早くなるとの話などもあるが、実際のデータで今のところ、「劇的」というのを見たことはない。

しかし個人的には、安定したら、また、物好きのユーザーなら現在でも、Windows10に移行する価値は大いにあると思う。別の意味でストレスが減ったのだ。
今回、UI(ユーザーインターフェイス)においても、やっと「人間的」というか人間性を取り戻したUIだと感心している。今度ちゃんと書こうと思っているが、、Macユーザーなら、Windows10でもいいかと思わせてしまうからだ。だからBoot Campに関してのWindowsならば、10の方が違和感がないので使いやすい。

「起動にかかる時間」は確かにストレスだが、それより起動後OSでいろいろな作業が自由にならず、やりたいことの1個、1個の作業に余計で無駄な時間がかかる方が、よっぽどのストレスだし、その方はもっともっと膨大な時間を無駄にすることになる。
スタートボタンの復活ひとつでも大きなことなのだ。Vista以降のマイクロソフトの大きな誤りのひとつで今まで改善されていなかったことが、「誤った合理性」だったと思う。
もちろん合理性の追求は正しいかもしれないが、その合理性が目的となってしまい、逆に真の意味の合理性を見失う。このOSを使うのは機械ではない。生身の人間なのだ。

Windows10はMacに比較しても、マイクロソフトストアの使い勝手ですら、まだまだ改良しなければならない細かい点が死ぬほどあるのであるが、逆に言えば、ここにきてやっと、細かな改良の積み重ねができれば、メインのPCとして文句なく使えるようになる新しいOSが登場した感がある。あえて言うが、またマイクロソフトさんのいつも悪いクセでよからぬことを考えないなら、たぶんその未来は明るいのかもしれない。

Microsoft Store (マイクロソフトストア)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です