バグはあるが

Windows10が登場し、それを実際に使用していみたが、数々のバグらしい現象に遭遇する。
たとえば、何回か再起動させると、ブラックスクリーンでマウスカーソルだけになるとか、Windowsアップデートの問題とか・・・。まあ、たとえば再起動の問題は強制終了させ、もう一度起動し直すと、問題はないのであるが。

はっきりいって安定性を求めるユーザーにおいて、今の段階でWindows10の移行は、愚かなことなのかもしれない。ただそれは、別にWindows10だけの話ではなく、すべての出たばかりのOSで言えることだ。
まず、「人柱」さんや、そういうことを生業になされている方々があれこれ試し、OSのリリース会社がそれらのバグを修正して安定してから、一般のユーザーは導入を決めた方が賢いに決まっている。たとえば現在Windows7のユーザーなら、安定しているOSを捨てて導入するなど馬鹿げている。会社とかならなおさらだ。しかも、前述のアップデートに関して、現在セキュリティに関する問題まで出始めている。

今回の自分の経験したバグに関し、そこまでムカつかない。まあ、そうのうちアップデートがあるだろう。それより、一般のユーザーが、新しいOSに移行して、何がおこったら一番ムカつくかということだ。
思い起こせばWindows Vistaの時など、起動は遅い、すべての動作が遅い、動画すらまともに再生できない。それに対し、メモリを増やせばまともに動くと後々わかっても、Windows VistaがインストールされたPCを買ったのにもかかわらず、メモリが最高2GBまでしか増やせない。そこまでやってもWindows XPの時の快適さから考えるとその足物とにも及ばないから、使い物にならない。もうめちゃくちゃにされた。

そこで考えて欲しいのは、じゃあ何故、Windows Vistaがあんなことになったのか。そして今回、マイクロソフトは追い詰められて「何か」をやっと気づいた気もするのだ。 →「バグはあるが」の続きを読む