Windows10って結構いいかも

Windows10は「最高」とか、結構、わざとらしいステマっぽい話が流れているけれども、それがステマと認定したとしても、あくまでBoot CampでWindows10にした経験の話であるが、Windows10って本当に結構いいかもと思ってしまった。

何度も書くが、あのWindows Vistaは最悪であった。完全に消費者を置いてけぼりにして、その目的が会社の利益のみに動いた挙句のOSのように思えた。
しょうがないので、個人的には、その当時、Windows VistaのPCをWindows XPにすべてダウングレードにしたわけなのであるが、そこからPCとしての面白味がなくなった。なのでその後、Windows7が登場しても全く興味がなかった。その間、海外のプログラマー達とかの、いわゆる本当にPCを使いまくっている人達の一部で、WindowsからMacに乗り換えているという話をよく聞くようになった。最初はどうしてもMacに抵抗があったが、使ってみると、Windowsが忘れていた「何か」がMacにはあった。まだその頃、ジョブズ氏も存命であった。次々、革新的なアイデアが登場した。
なのでMacに乗り換えた。その素晴らしい製品に大変満足した。その後、Windows8が登場したが、「出来が悪いMac」に思えた。

ここ最近、どうも、MacのOSXも変だ。昔みたいではない。まるで一時期のWindowsっぽくなってきた。最近、一般の人達が、Macに乗り換えているという話が出ている最中、一部のいわゆるそういう行動が早いPCを使いこなしているあるプロ達の間などで、今度は逆にWindowsに乗り換えたり、ダウングレードをする連中が出てきたとの話も聞く。 →「Windows10って結構いいかも」の続きを読む