Windows10のアップグレードで本当に小さな「やっちまった」事

Wimdows10が登場し、今回、「人柱」として、Windows8も使ったことがないのに、いきなりWindows7から10に移行したので、かなり操作関係にとまどってしまう。しかもiMacのBoot Campで導入したから、なおさらだ。
ただ、7から8及び8.1より、7からの10の移行の方が覚える操作等、まだ簡単なのかもしれない。たった1つのこと、Windows8で、あのスタートボタンをなくした「間抜けな行為」はやはり大きいということだ。
そして10を実際使ってみると、今度詳しく書くと思うが、「Mac使い」にとっては、7より10の方が、より使いやすい。Boot Campを考える場合、将来的には、各社対応が完了し、バグなども修正されるであろうWindowsは10との組み合わせが、一番しっくりいくかと思う。

今回、Boot CampのWindows7から10にアップグレードした際、7の環境をそのまま10に受け継いでくれたから、元々、Boot Camp用に、余計にハードディスク食わないよう、いろいろとやっておいた環境も受け継いでくれて、移行後の処理は、大変楽であった。

そのあたりはまた、追々書くとしても、今回、Boot Campの話が最後までいっていないものの、取り急ぎ、Boot CampのWindows7をWindows10にアップグレードした際、「しまった、やっちまった」ということが2点ほどあった。
ただ、やっちまったが、別に、さほど致命的でもなく、後で「なんとかなる」が、「やっておけばよかった」程度のことなので、とりあえず覚え書きという事で、取り急ぎ書いておく。これらをちゃんとやってWindows10にアップグレードした人は偉い。ただ、普通、関係ない人が多いかもしれませんが。 →「Windows10のアップグレードで本当に小さな「やっちまった」事」の続きを読む