そこまで簡単ではなかったWindows10アップグレード

この前書いた通り、新しいWindowsPCを、とうとう購入するはめになったが、SSD等のおかげで、本当にWindows7の起動が驚くほど速くなり快適なPCの環境となった。
ただ、このままWindows7を使い続けるかどうかという問題がある。

ここからWindoews7を使い続けていくのも手だが、このWindows7もすでにメインストリーム サポートが今1月で終了している。またWindows10への無料アップデートは1年こっきりの予定だ。ということは、とりあえず、今回のWiondows7をこれから使っていって、ごちゃごちゃになる前に、今のうち、Windows10にアップグレードした方が得策ではないかということを思いつく。

しかし、その安易な思いつきによって、大変になるとは思わなかった。ただ、元々、今のうち人柱となり、大いなる実験をしようとは、思ってはいたのではあるが。
その人柱も、まさか一週間以上にわたり、Windows10と格闘するとは思ってもいなかった。 →「そこまで簡単ではなかったWindows10アップグレード」の続きを読む

なんだか疲れた

うだるような暑さが続く。相変わらず、iCloud.comは使えない。最近わかったことは、なんとWi-Fi経由でiPhoneのSiriが時々使えなくなる。LTEでは、W-fi経由でSiriが使えない時もちゃんと問題なく使えるので、明らかにHKBNのインターネット回線の問題(Appleに対するブロック)としか考えられない。そう言えば、9月9日のApple Event の招待状が’、”Hey Siri, Give Us a Hint”であることを思い出す。今回のWi-fiで使えない問題を除いても、今だにSiriの満足度は極端に低い。使える用途はSiriより劣るとは言っても、明らかにGoogle Nowの方が音声認識等で優っている。

そういえば最近、香港の迷惑電話でHong Kong Junk Callにひっかからないやつがあると思っていたら、どうやら電話番号偽装をしているケースがあるようだ。
たとえばいわゆるローン会社やサラ金会社の営業電話とかが、迷惑電話にひっかからないなと思ったら、その電話番号、なんと、ある病院の代表の電話番号。本当に敵もさることながらだが、良心のかけらもない。 →「なんだか疲れた」の続きを読む

迷惑電話やメールやら

最近、迷惑電話やメールやらの数が急激に増えている。「迷惑」ならまだ良いが、どちらかというと、ますます悪質になる、「犯罪的」で「詐欺」の要素が強いから厄介だ。

以前、「またもや「『0』押せ」詐欺電話」という話を書いたが、あれでも、現実にひっかかかってお金を支払ったという話を聞いた。そのひっかかった人は中国貿易関係をやっている人でその人から言うと、中国からの貿易関係か何かで、相手から着払いで来たかと勘違いして、つい支払ってしまったらしい。
どうやら、その詐欺の本部は中国の大陸の方の組織らしく、広東語ではなく、マンダリン(いわゆる中国の「普通話」)で話してきたとのことであった。
しかしながら、そのたぐいの電話、自分も含め、自分が知っている人達まで、もれなくい電話がかかってきたようで、大概はひっかからなかった、というか、こっちは電話にも出なかったが、ある知り合いの香港人の場合、実際に出て、こっちは香港なのにマンダリンでしゃべってくるものだから、「広東語か英語でしゃべろ」と言ったら、相手が切ったと言っていた。まあ、だから、香港にいる日本人で、現実に被害に合ったケースはほとんどないのであろう。ただこの詐欺で、意外に現実でも起こっている、あるもっともらしい「手口」があるようで、まるで日本でもよく起こった電話詐欺の変形版みたいなのだが、このことをあんまり詳しく書いても、まあ一般の人達には関係ないし、あるところが勘違いして、今度は自分のブログにもアクセスできなくなったら困るので、書くのはよしておく。

ところで、メール(e-mail)に関しては、最近、迷惑メールのフィルターにかからないように、巧みにフォーマットを作り、送って来る。内容は違っても、送られてくるメールのフォーマットは同じなので、「またこいつか」と思ってしまう。
しかしこの前、とんでもない迷惑メールが送られてきた。日本のある「実在する」会社に対する送金依頼書が添付されているのだ。 →「迷惑電話やメールやら」の続きを読む

香港でのPCの買い方(後編)

香港でのPCの買い方(前編)」の続き

いつもの香港の電脳街の深水埗(シャー・スイ・ポー)となるわけだが、ただ昔名をはせた、その中心商業ビルではない。以前説明したように、「有名な場所=不動産の家賃は高い」わけであるから、そこの上の階や、ちょっと外れにある、怪しそうなビルに逆にまともなPC屋があったりする。

まず、そういうところで購入する前に、ちゃんと、ある程度欲しい物や、近所、ネット等で、市場価格等を頭に入れておこう。生き馬の目を抜く香港だ。甘い考えだとすぐ、ぼったくられる。ガラクタを高値で売られたりする。中古ではなく、いまだにもうマイクロソフトすらサポートをしない、Windows XP、プリインストールという組み立て(られた)PCを売っていたりする。

あと、「最安値」ばかりを追ってはいけない。確かに、同じ製品で安いにこしたことはないが、ここは香港。以前書いたが、とんでもないものをつかまされたり、後々、面倒なことになったりする時もある。
そして当たり前だが、誰が儲けもあまりなく、きちんとしたサービスするかという問題もある。市場価格どころか、だいたいの仕入れ値まで頭に入っていたとしても、ある程度、その店に「許容範囲」内で儲けさせてあげることによって、逆にそれ以上のきちんとしたサービスをしてくれたりする。日本と同じように考えてはいけない。
→「香港でのPCの買い方(後編)」の続きを読む