いまさらBoot Camp(その2)

いまさらBoot Camp(その1)」の続き。

Boot Campを始める前に、先ず用意をしなければいけないものがある。8GB程度のUSBフラッシュメモリなどだ。何故これがいるか?後でWindows7用のドライバなどの、「Windowsのサポートソフトウエア」をインストールするためだ。それともうひとつは、当たり前だが、Windowsのインストールディスクだ。

一応、Boot Campは簡単だ。Macの「Boot Camp アシスタント」アプリの順序にそってやっていけば良い。もし、もうWindowsが必要ないということになり、Windows領域を削除したい場合、再び、「Boot Camp アシスタント」アプリを起動し、それに従えば。簡単にその領域を削除して、以前のMacのみの状態に戻せる。

ここでは、そのやり方はあえて詳しく書かない。というのは、トラブルがなければ、順序にそってやればちゃんとできるし、そのような「当たり前」の解説をしているページは死ぬほどある。しかし問題は、簡単にできるはずなのに、何故か途中でできなくなり、エラーが発生し、「ドツボ」にはまってしまう、トラブルだ。
まずは、「Windowsのサポートソフトウエア」のよくあるトラブル。
→「いまさらBoot Camp(その2)」の続きを読む