いまさらBoot Camp(その1)


Macを最近、ますます以前のように有意義に使うことができにくくなってきた。「基本的作業」をストレスなく行うことができれば、どうでも良いのであるが、それが逆に進化とともにできにくくなってきている。だから、OSX Yosemiteをあきらめて、一番安定していたであろう、過去の最後の有料バージョンである、OSX mountain Lionに逆にダウングレードしている人達も出てきている。

そういう中、Windows10の出来次第では、再びWindowsを見直す機会になるかもしれないし、Windows7なら、安定しているわけだから、とりあえずWindows7を入れておき、評判をみて、1年は無料アップグレードができるWindows10に乗り換えるのも手だと考えるようになった。

現在、昔に自作したPCの方にはWindows7を導入してある。なので、MacでわざわざBoot Campなどするつもりはなかったのではあるが、もし、Windows7のPCをWindows10にアップグレードしたら、その新しいWindows10で何かトラブルがおこったらまずい。しかも、そういう時、もう一台Windows7がないと、トラブルがあっても、これが本当にWindows10独自の問題かの判断がつきかねない時もあるし、比較することによって、やっぱりWindows7の方がいいやとか10の方がいいやとかがわかるので、そのためにも、もう一台、Windows7を入れているPCがあれば便利だ。

またそれだけではなく、最近、Macで、バーチャル上でWindowsソフトを動かすも何も、どうも、OSX Yosemite以来、メモリ関係が上手くいかず、途中フリーズすることもあり、そんな時、メモリ管理アプリ(たとえば「FreeMan」とか)を見てみると、たいした作業をしていないにもかかわらず、メモリをほぼ使いきっていたりする。ちなみに現在のメモリは、12GBだ。決しメモリが少ないわけではない。いろいろ対策を講じてきたのであるが、やはりどうも、OSXが、動物から米国の地名に名前が変わって以来、または無料化して以来、なんだかうまくいかない。やはりトラブルを避けるため、なるべくWindows用のソフトはWindowsで処理した方が良くなってきた。

ということで、Boot Campをやってみることにする。Windowa7に関しては、最初から購入するのではなく、現在のWindowa7をインストールし、もし上手くいったら、新しく買ったWindowa7のコードでアクティベートしようと考えた。
しかしそんな簡単にはいかなかった。

いまさらBoot Camp(その2)に続く。

FreeMan App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥240

数々あるMacのメモリ開放アプリの中でトップクラス。ランキング上位の常連。
ということは、やはり、みなさん、Macのメモリには苦労させられているようで・・・
ちなみに現在のMacアプリのランキングは、以下の通りです。

3
Final Cut Pro
販売元:Apple
価格 : ¥34,800
4
Logic Pro X
販売元:Apple
価格 : ¥23,800
更新日:2018/09/22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です