WPA2でダメならWPA

以前書いた通り、今まで有線LANでつないでいたデスクトップのPCと、ルータの位置が離れてしまうため、デスクトップのPCの方でも、無線LANができるように、新しくPC側の方に、PCI ExpressのWirelessアダプタを導入することを決め、購入することとなった。

最近、香港では、このようなPCのパーツに関しては、昔に比べると売っている店が本当に少なくなった。しかも、探している物は、ノートブック用のUSBタイプではなく、デスクトップ用のPCI Expressのカードだ。これがまた売っていない。
欲しいのは2.4GHZでも5GHZでもOKのデュアル・バンド対応のものなのであるが、なかなか見つからず、やっと、中国の有名ブランド、TP-LINKの商品が見つかった。

で、これまた以前に書いた通り、すぐ通信が切れてしまう初期不良で、ただ店で交換してもらっても、また不良品を充てがわれる可能性がある。しかも、物がないと言われる可能性も大だ。ということで、そのメーカーの香港代理店に直接行き、交換してもらう。交換後、今度は問題なく、ちゃんと繋がる。
しかし、ただひとつ問題があった。2.4GHZは何の問題もないのだが、5GHZに関して、最初は繋がるものの、途中、すぐに通信が切れるのだ。しかし、今度はハードの問題ではないようだ。何故なら、ちゃんと、ルータ側も5GHZのカードを認識しているようなのだが、インターネットに繋がらないのだ。 →「WPA2でダメならWPA」の続きを読む