めちゃくちゃ

Pocket

最近、現在使っているApple製品のトラブル続きで困り果てている。

昨日もキーボードに続き(まあ、これに関しては自分のせいである可能性が高い)、iTunesの支払い絡みで大きなトラブルが起こった。
Apple側の対応次第ではここで公表するとしても、とりあえず今のところは書かないが、ただひとつ言えることは、まるで詐欺のような、今までのAppleだったら考えられない本当に驚くようなトラブルだ。しかも個別のアプリ販売などのサービスと違って、そのクレームについて具体的に書くフォームもない。サービスの多様化にシステムがちゃんとついていっているのか不安になった。
そして、個人的には、たとえめんどうでも、iTunesに関しては、クレジットカードでの支払いはすべきでないと改めて考える。Apple Payなどもってのほかだ。
おかげで、昨日せっかく阿信屋で、生活に密着した商品が多い公価の1日限定3割引きに行きそびれた。米やパンを買うチャンスだったのに・・・個人的にはものすごい経済損失だ。

どうもここ最近、Apple Music絡みで問題が続出しているが、最近のAppleを見ていると、以前から書いている通り、「株主」や「某大国」の顔色ばかり伺って、一般消費者の本当の気持ちで考えていない気までして来た(その大国がこけたら、さて、どうなるでしょうか?)。せっかくのアプリを含めたいろいろな製品に関する「愛情」や「思い入れ」が薄れてきているような気がする。それが見事にApple Musicの現在につながった気がする。
しかも、Apple Musicの登場時、すぐに株価対策のような某アナリスト発言、「Appleの売上の1%に過ぎない」が出たのであるが、このApple Musicの今現在のマイナスインパクト(その前にU2の事件があったが)は、将来のエンターテーメント業界との契約等、これからの対処の仕方によっては、かなり大きなものになるかもしれない。

そう言えば新しいiO9でバッテリーの起動時間がのびる・・・とか、うかれているが、その前に、前回の主にApple MusicのためのiOS8のマイナーアップデートによって、確実にバッテリーの減りが速くなってしまった。

最近、Mac自体も、いろいろ対策をやっても、やたら重くなってきて、自分だけだと思ったら、知り合いのMacユーザーに聞いたら偶然かもしれないが、やはり、この前、Macbook Proが突然起動しなくなって困り果てたという。

残念だが、Apple製品を使うことが、「生活の手助け」にならないどころか、最近では足かせになりつつある。
それらはジョブズ氏とクック氏との「ある」大きな違いから端を発しているのかもしれない。確かにクック氏は、優秀な「経営者」であることは間違いないのではあるのだけれども・・・。

カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です