「写真」のゴミ箱はどこだ?


賛否両論はあるものの、Macにおいて、「写真」というアプリが標準で加わって、その使い勝手が、iOSと統一されて便利になった。
ただ、ここ数年、OSX全体になんだか、感覚的には使いづらくなってきている点が気になる。
なんだか、Windowsの方が、Macに擦り寄る形で、使い勝手を感覚的にしようと努力しているに対し、逆にMacの方が、将来のOSX Elcaptainでの画面分割など、Winodwsぽい道を辿ろうとしている気がしてならない。ただ、それは良いとしても、余計な機能でメモリを食われ、フリーズするようになってしまったら、たまったものではない。

話を元に戻すが、そのMacの「写真」アプリも、やはり感覚的にちょっと使いにくい設計が気になっていた。もちろん、今までの「iPhoto」とは別物だからしょうがないのであるが、この前、写真が溜まってきて、いらない写真も何枚かあるので、削除していたら、誤って、削除したくない写真まで削除してしまった。コミ箱は・・・ない。あれ?削除した写真はどこに?まさか完全削除???
一瞬、あせったが、この「写真」アプリの「ファイル」→「最近削除した項目を表示」をクリックすれば、削除した写真が出てくる。
しかも、なかなか考えているのは、削除した写真はどうやら30日間、保存されるらしい。ご丁寧に、完全削除まで後何日かの表示まで出てくる。

もし、今すぐ、全てを完全削除したいならば、右上の「すべてを削除」をクリックすれば、削除できる。

picture1

もちろん、通常の削除で30日以内なら、ちゃんと復元もできるというわけだ。
確かに感覚的ではないけれども、機能的にはは向上していることは間違いなく、問題はその妥協点というか、そのバランスの微妙なところだ。

この写真のアプリもそのうち、バージョンアップとともに、より使いやすく、便利になると考えられるが、どうも、Appleは最近、無料に変わったとたん、進歩が極端に遅くなったり逆に改悪されたりする傾向があることが気になる。その鍵は秋に登場するOSX El Captainなんだろう。そこを見極めたい。

[最新Macアプリランキング:TOP5]

最新のMacアプリランキング、TOP5です。

2
Final Cut Pro
販売元:Apple
価格 : ¥34,800
4
Logic Pro X
販売元:Apple
価格 : ¥23,800
5
更新日:2018/01/20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です