お金持ちのおもちゃ(後編)

今回のApple Eventの発表後、主にApple Watchのサポートと健康アプリの機能改善のために、iOSが8.2にバージョンアップされた。最近、通常の使用においてはメリットを受けない理由で、やっかいなアップデートが行われる傾向にある。決してそうではないと思うが、どうも、肝心のバグの方はいつも後回しにされているような感もある。

ところで、前回の「お金持ちのおもちゃ(前編)」の続き。新しいMacBookの発表は、確かにインパクトは大きかったが、よくよくこのスペックを見ると、「ちょっと・・・」と思ってしまう点もある。この本体の軽さ等に関しては、今までAppleがやってなかっただけで、Windows PCに関しては、いろいろな会社が、とうの昔に軽さを追究していた。しかし、あまりやり過ぎると、そのPCの拡張性がなくなる。そこをAppleは、特に薄さをも追究するために、今回、大胆にやった感がある。Appleは自分のところのOSXでハードも開発するから、遠慮なく新しい試みをやれるわけだ。確かに時代を先取りしているPCには間違いない。このスタイルが将来のMacBookの「基準」となるのであろう。しかしながら、この新しいMacbook自体、一見、外出先のビジネス用としては最適のように見えるが、実際使うことを想像すると、納得のいかない部分がたくさんあるが・・・。

Apple Watchに関しては、どうせ、色々なところが、色々なことを書くだろうから、そこまで深く書く気もない。だいたい個人的には、何かできるかは全くの予想通りで、笑ってしまった。昨年、「Apple Watchの意味」で書いたが、やはり電話もできるようだ。(ただ、バッテリーの限度から考えて、まさかもう今回の第一弾でやってしまうとは、思わなかったが。しかも、今回のスピーカーの方式では、まわりに会話が丸聞こえという、プライバシーの問題で、たぶん困ってしまうだろう。じゃあ、Bluetoothヘッドセットとなるが、それでは意味がない。ただ、このあたりのアイデア等に関しては、まだ故ジョブズ氏が望んでいたことなのであろう。)

スタートとしてはこんなもので、本当の意味で実用的になるには、あと、何年もかかるだろう。しかし、すべては早すぎて、とんでもない「金持ちのおもちゃ」を作り上げてしまった感がある。「金持ちの愛用品」ではなく、「金持ちのおもちゃ」だ。 →「お金持ちのおもちゃ(後編)」の続きを読む