妥協の産物


Windows Vistaの登場は最悪だった。ちょうどそのリリースの直後、持ち運びに便利なノートブックを探していた。その時見つけたのは工人舎のあるノートブックPCであった。確かに安くて素晴らしい商品であったが、Vistaで動いているのにメモリが1GBということもあり、動画すら満足に動かない有り様。しょうがないので2GBのメモリにとっかえた。動きは若干改善したが、満足がいく動きではない。XPにOSを変えたいけれども、その当時、XP用のドライバがない。かなり後にそのXP用のドライバがリリースされたので、XPのOSを入れた。その快適な動きは今も忘れない。あのVISTAとはなんだったのかと。

そのしょうもないVISTAのおかげでメモリを2GBに変えた時、OSとは無関係のいくつかの問題が発生した。2GBに変えてから、やたら、そのノートブックPCが熱をもつようになった。また、そのバッテリーのもちがあきらかに短くなった。メモリを2GBにしただけで、これだけの問題がおこるとその時、あらためて実感した。持ち運びが便利な小型PCだったので、その点が強調される結果となった。

今回のiPhone6及びiPhone6+はあまりにも予想通りの商品で驚いた。逆に言えば、「優等生が考えた商品」というべきもので、確かに今までのiPhoneの中では最高の商品ということはわかる。ただ、それだけ。新たにな発想に基いているのではなく、妥協に妥協を重ね、これだったら売れるという限界の妥協点の下で作られた商品のように思える。そして、何が「金儲け」のために必要かということも、よく理解されて作られていて、その「付加」の機能によって見事に「株価」も動かしたようだ。
ご存知の通りiOS7からOSは64ビットに進化した。なので本来、iPhone6及びiPhone6+の内部メモリは今回、2GBで登場しても良いはずだ。しかし1GBの可能性が高いと密かにに思っていた。前述した理由からである。

今回せっかく、「大画面」にした。「大画面」はそれだけ消費電力をくうわけだが、大きくした分だけ、バッテリーのスペースが大きくとれる。つまりそれだけ大容量のバッテリーを組み込むことができるわけだ。そのため、「画面は大きくなったのにバッテリーのもちはよくなりました。わーすごい。」ということになる。しかし、ここでメモリを2GBにしてしまうと、バッテリーを余計にくうわけだから、その特徴が薄れてしまう。しかも、「Cool(かっこいい)」感を出すために、大きくした分、薄型にした。
Apple Storeとかに行くとiPhone6やiPhone6+のサンプルがおいてあり、みんな、この新商品はどういうものだろうという具合に、実際に触れてみることができる。そこで実際に触れてみて驚いたこと。「意外にiPhoneが熱くなっている。」
長時間iPhoneをつけっぱなしでみんな触っているから当たり前なのだが、でも、それにしても熱い。もし、これが2GBならそれ以上に結構な熱さとなるのであろう。
昔書いたが、PCと同じなら熱対策が必要となる。

地図やワープロソフトですら、いまだに満足にいくまで改良されていないのだから、これも劇的に進化することなど無理なのであろう。たぶん、次のiPhone6Sの目玉は内部メモリを2GBにして、「なめらかな動き」となるのであろう。そして、ほんとうの意味でマルチウインドウにして「我々は最高のiPhoneとiOSを作り上げました」となるのであろう。実にうまい。(決してけなしているわけではありません。褒めているのです。)
こんな芸当ができる経営者は素晴らしいと思う。たぶん、普通の経営者、特に日本の無配に落ちた会社の最初にだめにしたとされる英語が堪能な某経営者のような人なら、ジョブズ氏亡き後、とっくに会社がめちゃくちゃになっている頃であろうと思われる。ジョブズ氏と全く違ったある意味「クリエイティヴ」な「金融的手法」などで数々の問題を時には「政治的」にのりきっている。

ただ、本当のユーザーは置いてきぼりをくらってきている。今は良いかもしれないが、あまりほったらかしにされたら、その代償はかなり大きくなるのかもしれない。実際、今回驚いたことに、せっかくAppleからの素晴らしいプレゼント、U2のニューアルバムという太っ腹企画まで、みんなからケチをつけられる結末になってしまったことだ。あれは、明らかに、昔のAppleならああいう後でケチがつく配布の方法はとらなかった。
同じ無償配布でも「ただでくれてやる、ただだから文句をいうな。iCloudにいれとくぞ」と、「みなさんに喜んでもらえますよう、一定期間、無償でダウンロードできるようにしときました。我々のアイデアに賛同なさるのであればダウンロードして下さい。」では、効果が全く違ったはずだ。

まあ、これも正しい経営方法なので、文句のつけようがない。ただ、今のAppleはあまり好きでない。個人的には。

エクスパンシス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です