iPhone6の発表となったが・・・

Pocket

ご存知の通り、9月9日(火)、日本時間の9月10日午前2時に、恒例のAppleのスペシャルイベントが開催された。そしてそこでお待ちかねiPhone6とiPhone6+そしてApple Watchが発表されたわけだ。

しかしながら今回のAppleの公式生中継であるが、とにかくApple Event始まって以来の悲惨なもので、サーバートラブルと思われる現象でとにかく中継が途中で止まる止まる。しかも将来的に同時通訳の公式生中継を視野に入れているのか、何故かその「練習」と思われる中国語(マンダリン)の音声も入ったりして、それがまたうざくて本来の話が聞こえづらかったり、ついには途中で「ACCESS DENIED」の文字が踊り、何度もリロードしまくる自体となった。
通常ならこれで大切な部分が見れなかったと怒りまくるのだが、今回はその怒りもない。製品は素晴らしいが全くのノーサプライズ。興味もない。

かなり昔に書いたが、もともとたとえば、iPhone3GからiPhone3GSというふうに、同じバージョンでSとかつくようなチェンジの場合、同じバージョンなので、姿、形は同じようでも、機能が次の世代に変わるための前の準備か、目新しい革新的なテクノロジーを付加してくる。3GSならコンパスやら5sなら指紋認証やらと・・・
そして新しいバージョンの場合、その前のSがつくものと実は機能はあまり変わらないのだが、今度はその姿というか、表面的なハードが大きく変わるわけだ。
ということで、今回は事前に「漏れていた」通り、見事にサイズを変えてきたわけだ。これまたかなり昔に、画面を大きくしなければいけない裏事情をさんざん書いたが、Appleはあれほど、それができない理由を、独自に使いやすい考えられた大きさとと言い張り、以前の大きさにこだわり、前回は細長にしただけであったが、今回は恐るべき詭弁による手のひら返し。まさにその通りにやったわけだ。

今回の製品群は今度詳しく書くが、「お金」と「健康」が好きな、変なふうに「合理的」なスーパーエリートが考えた商品に見える。まあ、こちとら関係ないからどうでも良い。

そして今回の本当の目玉はiPhoe6,6+やApple Watchではなく、9月13日より、iTunes Storeで、U2のニューアルバムがなんと無料配信されることであったと思う。これは確かに想定外で大変素晴らしいことだ。
(追記)過去のU2のアルバムを期間限定で破格値でバーゲンしている。このニューアルバムの無料配信版は1ヶ月なので、早くiCloudからダウンロードしておかないと。(この本当に言いたい意味は分かる人には分かる)しかし、このアルバムのタイトルと言い、泣かせる名盤だ。U2、ありがとう。

今回AppleのCEO、クック氏は、故ジョブズ氏のように生き生きとプレゼンをこなした。ただ、その姿はジョブズ氏の生き写しというよりもは、まるで「XXセミナー」で合法的にねずみ講まがいの商品販売をするような説明会でみられるカリスマ社長みたいなかんじに見えた。

ところで肝心の製品や香港の方の現状であるが、これは次回

iPhone6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です