今さらながらWindows7導入計画 (その6)番外編 地獄のお掃除・・・真っ黒・・・

Pocket

「今さらながらWindows7導入計画 (その5)」で書いた通り、無事Windows7のインストールは終了した。全く問題なく動いてくれて、逆に物足りないくらいだ。
しかし、このPCもよく6年以上も動いてくれている。組み立てて1−2年くらいで見事にハードディスクが壊れる事態もあった。またDVDドライブは現在でも時々、突然、イジェクトボタンを押してもいないのに、怪奇現象のように突然ドライブのトレイが開いたりする。こういう場合はよくコンピューターウイルスの感染が疑われることがあるが、ちゃんとアンチウイルスソフトを入れているし、クリーンインストールしたWindows7でも同じ症状があらわれる。まあ、間違いなく壊れているのであろう。ただ、ちゃんと、使えることは使えるので、とりあえず、そのまま使い、そのうち、安いDVDドライブを最安値店から買ってこないといけない。

それでも、その他のものに関しては、よく壊れていない。この「過酷な」環境下で。
PCに関して特に暑さなどの対策は1番重要だということは、昔からよく知っている。
なので、自作にあたって、PCのファンはつけまくっている。
CPUにはもちろんのこと、マザーボード、ビデオアクセラレータ、箱に関しても、それらとは別に、ざっと6個ついている。そのおかげで、うだるような暑さにも耐えてきたと思う。
しかし、香港では、問題はそれだけでない。「空気」なのだ。
以前も書いたことがあるが、一時酷い時は、たった2−3ヶ月、PCの箱の中を掃除しないだけで、密封されているはずのPCの箱の中が汚れで真っ黒なのだ。
かなり小さな黒いものが、小さなファンの穴や隙間などを通り抜けて入ってきているわけだ。

ある日、テレビでPM2.5の特集を見て愕然とした。まさにこれと同じような黒いものだ。
体調もいろいろとおかしいい。特に以前倒れた時の病気というか、その特集で言っていた「誘発する」病気や症状が同じ。香港に長く住むとPCも体もこうなると言うことは、北京などで大騒ぎしていたが、そういうところでは一体どうなのであろうか?しかし、その香港ですら、中国のエリアとしては、まだマシな方なのだそうだ。
それだけでなく、だいたい自分が現在住んでいる所は、一般の交通の排気ガスも酷いところで、不動産、家賃高騰における密接した地域の「一儲け」のためのリノベーションや建て壊しで、もうめちゃくちゃ。決して健康に生活できる環境ではない。
PCの箱の中の異様な汚れを、いつのまにか、自分自身が吸っているということだ。そう考えながら箱の中を掃除する。Windows7でメモリの増設をするので、今のうちやっておいた方が良いからだ。

まず、PCの電源を切ってコンセントも抜いて、PCの箱を開け、掃除機でその箱の中のほこリというか、得体がしれないようなもの吸い込む。
しかし、こびりついた「黒い」汚れは、簡単に落ちない。特にファンなどの部分。ここまでくると、すごいというか、PC用に拭くアルコールの紙が、一瞬で真っ黒。換気扇の油汚れのような、それでいてもっと乾燥した炭みたいなかんじだ、
綿棒などを利用し、はねの一枚一枚を丁寧に落としていく。とにかく根気がいる。マスクなしでやっていたら、咳が出る・・やばい、マスクをしないと。

悪戦苦闘すること、数時間。とても新品同様とは言い難いが、それなりには、きれいになった。
本当は、PCの箱も変えれば良いのであるが、ここ数年の香港で売っている、そういう物の性能は、とても良いとは言い難い。逆にそれによってトラブルがおこったら大変だ。下手に変えない方が良い。

今回、そのPCの内部の汚れを、写真で載せようかと思ったが、あまりにショックな汚れなため、載せることをやめた。本当に環境が悪いところでのPCメンテナンスは大変だ。PCどころか、体もなのだが。

[最新iPhoneアプリランキング:TOP5]

最新のiPhoneアプリランキング、TOP5です。
突然のバーゲンでランキングトップになるアプリもあったりしますので要注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です