Bluetoothという手があった

iPadのアプリに「Logic Remote」という無料アプリがある。
これは、その名の通り、あのプロのミュージシャン達も作曲やミキシングなどに使う、Macの音楽制作アプリ「Logic Pro X 」をiPadでコントロールできる便利なアプリなのだが、「Logic Pro X 」でなくとも、基本無料のMacの「GarageBand」でも制御できるのだ。

iPadとMacを利用して、遊びで曲を作るのなら、Macの「GarageBand」でiPad側に「Logic Remote」をインストールすることによって、iPadを鍵盤(キーボード)代わりにできるのだ。
iPadとMacをWi-Fiで同期させるのだが、ただ、これがどういうわけかうまく同期できない。何度やっても失敗する。Firewallの設定も問題ないので、何が原因かわからない。しかも厄介なことは、全くできないのなら、もっといろいろと原因を追求する気にもなるのだが、たまに問題なくできたりすることもあるのだ。

何か良い方法はないかと模索していたら、Appleのホームページに、「Logic Remote」をBluetoothでも繋ぐことができると書いてある。
早速、MacとiPadをペアリングして(詳しくはAppleのホームページで)、「GarageBand」と「Logic Remote」を立ちあげてみると・・・できた。ちゃんと同期されている。

ただ、この方法がめんどくさいのは、「Logic Remote」を起動させる度に、通常オフにしているBluetoothをオンにして、ペアリングをしてあげないといけない点だ。
まあ。とにかく使えれば良いのだが、どうも、それだけではなく、Wi-Fiで同期した時も同じなのだが、バグらしきものがある。 →「Bluetoothという手があった」の続きを読む