Airmail1.3のバージョンアップはとりあえず待って!

MacにAirmailを導入する」で紹介した「Airmail」がまたもや、色々と改善をほどこした1.3 のバージョンをリリースしてきたので、これはバージョンアップをしないといけないと思い、さっそくバージョンアップしたら・・・げっ!クラッシュする。

で、とりあえず、ここのサポート関連のサイトを覗いてみると、同じような悩みの人が多数出現。いろいろな対策が出ているのであるが、どれもダメ。
これ以上、いろいろやってみるのも、逆に時間がかかるので、いっそ、全部消去し、インストールし直して、再設定しようかと考える。
自分が入れていたメールアカウント等を確認するために、一度、この「Airmail」をセーフモードでスタートさせ(「control」+「option」+「command」で「開く」)設定から確認、メモをする。
終了させて、Macのアプリ「AppDelete Liteで、アプリ及び関連ファイルも完全消去して、再びインストールし直した。

もちろん、ちゃんと動く。そしてすべてを再設定したら、おお、今回なかなか便利になったと喜んでいたのだが・・・・一回終了させて、また開くと・・・またもやクラッシュだ!
こうなるともうお手上げ。

時間とともに、やはりやるだけ無駄という声が増えているみたいなので(中には、これだけのために、わざわざOSX Marvericksを再インストールしてダメだったツワモノも)。どうも一部の複数のアカウントを登録している人におこっているっぽいです。
まだ、「Airmail」を1.3にバージョンアップしていない人は、とりあえず1.3.1バージョンが出るまで、ちょっと待った方が良いみたいです。

→「Airmail1.3のバージョンアップはとりあえず待って!」の続きを読む