おお!ReadKitもバーゲンだ!

Google Readerの終了でFeedlyに移行したのは良いが、大変重宝していたMacアプリの方の「Reeder」のFeedly対応版がなかなか出てこない。
Macでもやはり専用アプリでFeedlyを活用したい。そのためのRSSリーダーアプリはないかと思っていたら、「ReadKit」がいち早く対応した。
そして、ここ数日紹介している「感謝祭関連バーゲン」で、その「ReadKit」が、なんと70%OFFで、今なら200円で購入できる。
これでMacで、「さくさく」と、毎日記事を読む事ができる。

1番最初にこのアプリを起動させた時に、設定画面が出てくる。
その時に、もし設定しなくとも、「ReadKit」→「Preferences,,,」→「Account」を選び、下部の「+」の追加ボタンを押せば、同じものが出てくる。
その中でお馴染みの「Feedly」のアイコンをクリックしてパスワードなどを記入してログインすれば良い。
→「おお!ReadKitもバーゲンだ!」の続きを読む

Better Rename 9が最安値

昨日も書いたとおり、米国では、11月の第4週の木曜日、11月29日は「感謝祭」でお休みであったが、その感謝祭の翌日、「ブラック・フライデー」、週明けの月曜日の「サイバー・マンデー」と、通常お高いアプリのバーゲンを突然したりするから要注意だ。

そしてあの、「Better Rename 9 」が、とうとう最安値で売られている。日本なら100円だ。複数のファイルの名前を一括して変更できるアプリだ。

昔は、1700円くらいして、あまりにも高いので買うのをやめたことを覚えている。
それに似た機能のWindowsXPのアプリが無料であったからだ。しかし、使いづらいし、やっぱり、現在、メインで使っているPCはMacだし、欲しいけど、とりあえず、いいやみたいなところであった。

それが最安値販売なら、Macユーザーで、まだ持っていないのなら、買うしかないでしょ。
→「Better Rename 9が最安値」の続きを読む

Aurora Blu-ray Player for Macがバーゲンらしい

米国では本日11月29日は11月の第4週の木曜日ということで、感謝祭でお休みだ。
感謝祭と言えばバーゲン。円安の今なので、米国でのネットでのお買い物はちょっと考えるかもしれないが、それでも値引きが大きいので手が伸びる。しかも、香港ならば米国ドルと実質リンクしているから問題はない。

ということで、感謝祭の翌日の「ブラック・フライデー」、週明けの月曜日の「サイバー・マンデー」とこの期間の米国のソフトウエアのバーゲンは見逃せない。

MacでBlu-rayの映画などをみたいのはやまやまだが、問題はUSBの外付けのBluer-rayを購入しても、問題はMacで映画見るソフトウエアを手に入れなければいけないことだ。

代表的なチョイスは2つ。Macgo社のやつにするかAurora社のやつにするかだ。どちらも、MacでBlue-rayの映画を見る代表的なソフトウエアを販売している。両者の差はほとんどない。

そして、Aurora社が、ここにきて、「ブラック・フライデー」、「サイバー・マンデー」ということで、この期間に「Aurora Blu-ray Player for Mac」のバーゲンを行っている。
「Aurora Blu-ray Player for Mac」(もちろん1年版ではなく、永久版)が、なんと20USドル引きで29,95USドル、つまりこの円高でも3,000円ちょいで買える計算だ。安い!
「Aurora Blu-ray Player Suite (Mac & Win)」は10USドル引きで39,95USドルだ。
(リンクから直接「avangate社」のバーゲンの決済に行けます)
(バーゲンは現在終了いたしました。お得感が全くないので、リンクも削除しました。またバーゲンが出てきたらお知らせします。)
→「Aurora Blu-ray Player for Macがバーゲンらしい」の続きを読む