あれれ

Pocket

香港では、来週の日曜日、10月13日は、 重陽節 (Chung Yeung Festival)だ。日曜日なので、翌日の14日、月曜日がお休みとなるので、またもや連休となる。

何回か書いた通り、旧暦の9月9日が、重陽節 (Chung Yeung Festival)の日となる。
本来は山登り(ハイキング)の日で、季節的にも、ちょうど山登りに良い季節(いろいろいわれがあるが)だからだが、昔はたいがいお墓が山にあったので(不動産不足、価格高騰の今では、ビルの中が多いのであるが)、この日にお墓参りの日でもある。

今回は連休なので、お墓参りそっちのけで、どっかに行こうかという人も多いのだが、かと言って、お墓参りに行かないわけにはいかないという様な人は、前の週の日曜日に、お墓参りを済ませとくという人も多い。

たまたまある用があって、本日、日曜日、香港で厄除けで名高い某お寺に行ってきた。
現地に着くと、数人の交通整理のおまわりさん。
「あれ?何かあったのかな?」と思ったら、来週は連休なので、本日にお墓参りに行く人が殺到するのではないかということを見越して、交通整理のために来たようだ。

そこのお寺は、当然、お墓もあるわけなのであるが、本日はさほど人もいなく、その数人のおまわりさんも、「あれれ?」と、拍子抜けしたみたいで、やることがなくて、逆に困っていたみたいであった。
(ちなみに、そこのお寺は旧正月の15日間は、いつ行っても、人が余りにも多くてパニックになるくらいの有名なお寺だ)
昨年も書いたのであるが、どうも、年々、重陽節にも関わらず、お墓参りに訪れる人の数が激減しているような感がある。

十年くらい前までは、お墓があるその場所に行くまでが一苦労で、ヘタすると、場所によっては、入り口あたりで、入場制限をくらって、なかなか前に進めなかったりしたものだった。だから、交通整理のおまわりさんも、大忙しだった。

そういう事が多かったので、昔は、別に重陽節に用がなくても、その混雑をなるべく避けるために、前の週に行ったりしたものであるが、最近では、重陽節のその日の1番混むような時間帯でも、あまり問題がなく、スムーズにお墓参りできたりするようだ。

何か時代とともに、いろいろなものが、失われて行くような気がした。

海外ホテル予約比較サイトホテルコンバインドのホームページ。
海外だけでなく、日本国内でも、どこの有名な旅行業者(エクスペディア、じゃらん、ホテルズドットコム等・・・)のホテルの予約料金が安いかを比較できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です