iMacをiPadでタッチパネル化 その1

病院で目の検査など受けていたら、また更新が遅くなってしまった。

最近、本当に目が悪くなって、とくに困ったことは、PC(iMac)で、SafariやChromeなどのブラウザーの文字が小さくて見えにくい場合は、単にそのブラウザーの「表示」で「拡大」などを選び、文字を大きくすれば、それですむ話なのであるが、問題は、アプリなどに関しては、それができないことが多いことだ。

たとえば、以前、「PlayOnMacを試してみる(その2-MT4編)」で紹介したPlayOnMacを使い、為替チャートで有名なMT4をインストールできるが、Macでそのチャートにある数字すら小さくて見えにくい。しかもiPad専用のMT4のアプリはあるものの、iPad miniだと文字がもっと小さくて見えない。

画面全体をピンチアウトで拡大出来れば良いのだが、Macは当たり前だが、タッチパネル方式ではないので、そういう芸当は、通常できない。また、iPadでも、そのMT4のアプリは、ピンチアウトで拡大することができない。意外に設定やピンチアウトなどでそのアプリに書いてある文字などを拡大できないアプリは多い。

必要にせまられているので、何か良い方法はないかと考えた。
ようするに、Macの画面をiPadで映しだして、操作できればいいわけだ。
つまり「VNC」を利用して、MacをiPadで遠隔操作しちゃえば良い。

よくよく考えたら、昔、「Mocha VNC 」をApp Storeで購入していた。それを利用してみよう。

→「iMacをiPadでタッチパネル化 その1」の続きを読む