映画でもレンタルして見るか

Pocket

ご存知の通り、現在の驚くべき薄さのiMacにはDVDドライブがない。
Appleは元々、Blu-Rayに対して、大変消極的だったが、とうとうiMacのDVDドライブまで無くしてしまった訳だ。

確かに、現在使っている自分のiMacに関して、よくよく考えると、購入してから、あまりDVDドライブを使ったことがない。
最近では、特にだ。

容量が大きいファイルを持ち歩くにしても、また、それを誰かに渡すとしても、安くなったUSBフラッシュドライブを利用する手や、以前紹介した、「Minbox」を利用して、メールでファイルを渡す方法もある。

アプリの購入等に関しては、今では、ほとんどがネット経由。前回紹介した通り、App Storeも5周年を迎え、それを記念して、10個のiOS有料アプリを期間限定で無料で提供しているが、その便利さは半端ではない。iOSアプリだけでなく、MacアプリもiTunes Cardによってネットで購入できる。

DVDドライブを使うとすれば、現在持っている音楽のCDを取り込む時ぐらいであろうか?それも、楽曲をネットで買う時代だ。
そして、今や映画ですらそうだ。iTunes Storeで映画まで買うことも、レンタルすることもできる。

そういえば、iTunes Storeで「人気映画 レンタル特別価格」ということで、一部の映画を、なんと、レンタルが、HD品質200円、SD品質100円の期間限定セールをやっていた。SD品質でよければ、100円で映画が見れるわけだ。
今回、『桐島、部活やめるってよ』、『英国王のスピーチ(字幕版)』『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(字幕版)』などがある。
あっ、あの名作、『イージー★ライダー (字幕版)』まである。これでも見ようかな。ボーン・トゥ・ビー・ワイルドっと、言うわけで。

映画のレンタルは、30日間、いつでも見ることができる。但し、一度再生(視聴開始)をしたら、そこから48時間のみ有効だ。
サービス開始時の頃は、24時間しかなくて不満であったが、今は48時間なので、週末を利用して、レンタルするのも、良いだろう。
映画は、一回ではなく、何回か見て、新しい発見ができたりする。そういう意味で48時間なら十分だ。
まだ、iTunes Storeで映画をレンタルしたことがない人は、この機会に、一度、レンタルにトライするのも、良いかもしれない。

HOrental1
(レンタルすると、このように、タブに「レンタル中」が加わる)

結局、これらの映画をHD品質で も、ネット経由で、買うこともレンタルすることもできるわけで、今のところ、DVDドライブの上に、Blu-Rayって、やっぱり必要ない。

映画はApple TVでも見れるのであるが、イマイチ必要性をかんじなかった。たしかに、AirPlayは魅力であるが。
しかし、今度、Macの新OS、「Maverick」が登場したら、Apple TV経由で、もうひとつのディスプレーとして、Apple TVにつないだテレビを活用できる。
Apple TVも、そろそろ買いたくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です