しっ・・しまった!

Pocket

以前、「とりあえずFeedly」で書いたが、いよいよ6月もあとわずか。Google Readerのサービスが終了する。
と、いうことで、「とりあえずFeedly」なわけだが、問題は、「Byline」や「Reeder」などのiOSやMacのRSSアプリが、対応するすると言いながら、一向に対応していないことだった。

以前書いたが、「Byline」の公式のTwitterで、「まもなくFeedlyに対応します」と、つぶやいていたことから、これに関しては、Google Reader終了前にリリースするだろうと思っていたが、予定通り、Feedlyに対応したバージョンを出してきた。

「よかった」と思ったら、自分で、以前書いたのに、ひとつ、へまをしてしまった。

GoogleからFeedlyのクラウドに完全移行してしまったら、その後は、当たり前であるが、Google Readerとは同期されないから、いわゆる、Google ReaderやMacのReederで「スター」にして、後で読みなおそうと思っていたものが、Feedlyでは「Save for later」になっていなかったのだ。

やってしまった・・・まあ、数日分ではあるが。

ところで、どうも、Google ReaderとRSSそのものを混同して書いてある記事が結構あって、こいつら、使ったこともなくて書いているんだなとか、パクリ丸出しだなというのが多くて、そのために、結構混同する人が多いと思うのだが、何故、Google Readerで、その亡き後、Feedlyにするかというと、例えば、今現在のFeedlyにまだ対応していないReederでも、個別のRSSを指定して、同じようなことができるではあるが、通常、RSSでのニュースなど、1日で読む登録の記事は結構な数なので、PCやiPhone、iPadなど、また外出先でのすべての機器で、このRSSが読んだか読まなかったか、後で読むかを同期させることが重要なわけで、そのため、そのクラウド対応が重要なわけだ。

Google Readerが、それを今までやって重宝いたのだが、突然、「もうやらないよ」と言い出し、みんな困っていたところで、Feedlyが、「代わりにうちでやります」と手をあげてくれたのだ。それに対応するfeedly自前のアプリや、それをより使いやすく開発する他社のアプリが重要となるわけだ。

これからは、PCのWebでは、Feedly、iPhoneやiPadのアプリではFeedlyに対応したBylineを使うことにしよう。

なお昨日、期間限定、7月1日まで、「Byline」 がFeedlyに対応した記念ということで、いわゆる有料版、「プレミアム」が、通常350円を85円でセールしていると思ったら、iPhone、iPad共通アプリで、いきなり250円に変更(戻)されていた。
(それでも以前より100円安いが)
再三言っているが、iTunes Storeのセールは突然始まり、突然終わる。
購入する場合、各自、値段は気をつけてください。

Byline App
カテゴリ: ニュース
価格: ¥250


Feedly App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です