iCloudで新しく便利になりそうな事

「『Mavericks』は期待度が高い」の続きの話。

「WWCD2013」の基調講演の中で、iCloudに関し、いくつかある中で、特に大きな2つのポジティヴ・サプライズな新機能の発表があった。

まず、1つ目は、「iWork for iCloud」だ。
たとえば、MacのiWorkのワープロソフト、「Pages」は、意外に使いやすく、利用している。
また、MSの「Office」と互換性もあり、価格もそれより安い。
しかも、iPhoneやiPadの専用のアプリも発売されていてiCloudにより、連携が取れる。
しかし、困ったことがひとつある。Windowsでは、このアプリは、登場していないということだ。

確かにiCloudで「doc」の拡張子で出力できる。しかし、Pages自体の拡張子は「pages」だ。このファイルは、Windowsではその書類を読むことすらできない。
(但し、これは裏技なのだが、「pages」の拡張子を単に「zip」に変えるだけで、ファイルを展開することができる。その中の「QuickLook」のファイルの中に「Preview,pdf」があり、実はそれが、この書類の中身のPDFファイルなのだ。なので、Windowsでも、本当は、一応、そのファイルの中身を読むことはできる。)

そのため、「pages」拡張子だと、Windowsでは編集などできない。
これは非常に不便だ。せっかくのiCloudも「Pages」などに関し、Windowsでは、その能力を発揮できない。
どこでも編集できて、それがどこでも反映させるところが良い点なのだ。
いちいち「doc」で出力し、それを編集してiCloudに上げ、また「pages」に戻し・・・

だから、「どこでも」文章を書きたい、または、反映させたい場合は、個人的には、Googleドキュメント(現在は、「Google Drive」に併合されたが)を主に利用していた。ただ、iPhoneやiPadなら、やはりiOS版の「Pages」が快適だ。

今回のWWDCの基調講演によると、「iWork for iCloud」で、「Pages」などの「iWork」に関して、ブラウザで編集できるようになると言う。

→「iCloudで新しく便利になりそうな事」の続きを読む