「Mavericks」ですか

前回のつづき。
AppleのWWDCの基調講演で発表された新しいMacのOSX10.9から。

その新しいOSX10,9の名前は、とうとうネコ科のつける動物の名前がなくなり、「Mavericks」となったわけだ。
深読み過ぎるかもしれないが、この名前に、色々な意味があるような気がする。

この「Mavericks」とは、Appleの本拠地がある、カリフォルニアの、「ある」地名だ。
今回のWWDCの基調講演の特色に、どことなく「USA」のこだわりがある。
わざわざ開発中のMac Proについてまで説明したが、これも「Made In USA」だ。
最近、いろいろと叩かれていることに関して、「我々は米国の誇るべき会社だ」と言いたげなようだ。ただ、そのことは、Appleのブランド力を上げることに関し、プラスであっても、決してマイナスではない。

「Mavericks」の名前の話に戻るが、その地名とは、ビッグウェーブで有名な海岸だ。だから背景が「ビッグウェーブ」なのであろう。基本の壁紙も、そうみたいだ。
そして、その中で、「ネットサーフィン」をしたりするわけだ。

→「「Mavericks」ですか」の続きを読む