Appleが変わり始めた•••

いよいよAppleの「WWDC 2013」が開催された。
そしてお待ちかね、日本時間、6月11日のAM2時に、基調講演があった。
何回かに分けて、その内容に関する感想等を書こうと思う。
とりあえず、今日はその基調講演の全体について。

今回、24回目となるWWDCのチケットは発売開始からたった71秒で売り切れたという。
人気アーティストのコンサート並だ。

また、今回の最初のビデオによるApple Storeの風景は、古い劇場を改築したベルリン店であり、ちょっと、今までとなんとなく違う、というか、個人的には、最近が逆に「Appleらしくない」と思っていたのだが。そして、その意味を後で理解することとなる。

確かに今回は、いつもより「驚き」がないかも知れなかったが、個人的には、別の種類の「驚き」があった。それは、良い意味でだ。

全体の発表を通して感じたこと、「見かけの商品の驚き」より、「商品を使う際の驚き」そして、それは「喜び」に変わる可能性があり、今回、やっと、以前のAppleに、いくぶん戻って来た感がある。
そういった意味で、賛否両論はあるだろうが、個人的には、やっと、「わくわくする」Appleが戻ってきた。

→「Appleが変わり始めた•••」の続きを読む