iTunesの認証の解除をせずにクリーンインストールしてしまった

Pocket

以前書いたとおり、やっとWindowsXPのPCの方のメンテナンスやクリーンインストールが終了した。
さすがに、フリーズするなどのトラブルもなくなり、「軽く」なったなと、喜んでいたのであるが。「あること」をやっていないことに気がついた。
クリーンインストール前に、iTunesの認証の解除をしていなかったのだ。

現在Macを使っていることと、Windowsのクリーンインストールが久しぶりだったため、昔よくやってしまったポカを久しぶりにやってしまった。

Macの場合、便利なバックアップシステム、「Time Machine」がある。クリーンインストールしても、ちゃんと、そのバックアップでiTunesも元通り。だから、認証の解除などしなくても良かったので、つい忘れてしまったのだ。

ご存知の通り、iTunesは最大5台まで認証できる。通常、1家庭で5台まで認証することは、さほどないと思うが、ただ、そういうポカを知らないうちに何度もやってしまうと、認証しようとしたら、「5台以上はできません」と出てくる。

その場合、他のPCの認証を解除するしかないが、そういうわけにはいかない場合は、どうするか?すべての認証を一度、リセットしないといけない。
その方法は簡単だ

「Store」→「アカウントを表示」を選び、「アカウント情報」の「Apple IDの概要」の「コンピューターの認証」から「すべての認証解除」のボタンを押すだけだ。
ただし、これは、何回もできるわけではなく、1年に1回しかかできないので、要注意だ。

iTunes1

問題は、「iTunes Match」の方だ。混同しやすいのだが、認証した上で、Apple IDの関連付けを行わなかればいけない。
関連付けに関しては、デバイス(iPhoneやiPadなど)とコンピュータ の両方合わせて 10 台までに関連付けできる。

ここで、問題がおこった。10台も関連付けした覚えがないのに、10台を超えるという。
そんなはずはない。しかし慌てない。

さっきと同じように、「Store」→「アカウントを表示」を選び、「iTunes in the Clould」から「Manage Devices」を見ると、そこに、関連付けをしているPCやデバイスが出ている。

iTunes2

そして、それを見て、理由がわかった。以前の壊れたPCやら、初期不良や故障して交換する以前のiPhoneやiPadがそのままApple IDに関連付けられていたのだ。それじゃあ、10台を超えてしまう。

そういうものは、「削除」ボタンで削除できる。この場合、削除は何回もできるのではあるが、ただ、一度、Apple IDを関連付けしてしまうと、90日間、他のApple IDに関連付けできないので、要注意。

[最新iPhoneアプリランキング:TOP5]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です