Macはいいよ

Pocket

最近、PCの買い替えの相談をよく受ける。

よくよく考えれば、今回、自分のWindowsXPを入れているPCも、XPのサポートがあと1年という前に何台か壊れてしまった。単に「寿命」である。
まだ残っているPCを、この機会に、部品を掃除をしたり、クリーンインストールしたりしたわけだ。

結局、1年半ほど前に、「OSX Lion」の登場と同時に、Macに乗り換えて、大正解だった。

今、使っているのは、一つ前の世代のiMacではあるが、すべてに関して申し分ない。
そこまで分厚くもないモニターにすべてのPCの部品が納められていることが、まず脅威だ。しかも、今の新しいiMacなら、もっと軽くて薄い。
とにかく、置き場所に困らないし、静かだ。

すでに、「Macでできないこと」が、かなり減ってきているし、それを補うアプリは数々ある。逆にMacでしかできないことも、増えてきている。
アプリもiPhoneやiPad同様、App Storeから、iTiunes Cardで購入することができる。
当たり前であるが、iPhone,iPadとの連携性は素晴らしい。

海外では、PCに詳しい人ほど、Macを使っていたりする。やはり、あのWindows Vistaで、みんな頭にきたようだ。

そして、海外に住む日本人なら、それこそ、便利なものはない。
日本語化もクソも、最初の設定で、「はい、日本語化おしまい」である。

話を最初に戻すが、WindowsPCを使っている人に対し、別にMacを押し付けたりはしない。しかしながら、Windowsは、そのOSで、今でさえ、悩んでしまう。
8の評判は良くない。かといって、7?
それってWindows Vistaの時の、ダウングレードと同じになるのではないかと思ってしまう。
じゃあ、秋の改良版の8待ち?ということになる。それに越したことはないが、もし、その改良版が、また問題あるなら・・・・・

結局、Vistaの時から、悩みが、変わっていない。
「いつ、変えるか?いまでしょう」なら、やはりMacが良い。

ただ、さきほど言った通り、今までMacを使ったことがない、Windowsユーザーに対し、押し付けないのは、なんだかんだいっても、使ってみないことには、なんとも言えないからだ。
使い勝手が、あわない人もいるだろう。しかも、やはり、新しいWindowsでないOSに一歩踏み出すのには、勇気がいる。

しかし、Macが気にくわなくても、「Boot Camp」があるから、Windows7か8のOSさえ買えば、現行のMacの「OSX Mountain Lion」では、インストールできる。
MacかWindowsが起動時に選べば良いだけの話だ。

で、自分としては? 今では、ほとんど使うのは、iMacのみだ。
このブログは、開設当時、Mac初心者だった自分の日記でもある。
Macに関しては、なかなか初心者にわかりやすいページがなく、わからないことが多かったので、自分で手さぐりでやってみたことや調べたことが、数多く書き留めてある。
もし、Macを初めて使うことになり、Windowsと違ってわからないことがあったら、ここにきたら、わかることがあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です