やっと少しは「競争」が始まった

3年ほど前に、香港で「759阿信屋」が誕生してから、ずっと注目している。そしてファンだ。
最近は、日本のおいしいお菓子などの食料品が、まるでここは日本かと思ってしまうぐらい大量に、そして安く販売されているということで、口コミで、日本人の間でも騒がれるようになったが、出来た当初は、まさか、ここまでになるとは思わなかった。それどころか、途中で潰れてしまうのではないかとさえ思った。

会社名は「CEC國際控股」。「阿信屋」の前の759という数字は、香港株式市場の会社のコード番号でもある。1979年の設立当初は、「高雅電業公司」と言って、その名が表す通り、電子部品関係で、元々、食料品店を経営している会社ではない。
店名の「阿信屋」とは、まさしく「おしん屋」であり、日本のNHKのあの「おしん」をヒントにしてつけた名前だ。

ただ、この会社のこの事業での「短い」歴史は、「圧力」との戦いだ。

「激安店」と言われるが、最初から今まで、私個人としては、「激安店」とは全く思っていない。
ただ、「良心的」で「リーズナブル」な、そしてとても「フェア」な価格で販売している店だと思う。
逆に言えば、香港の小売をかなり占める、おなじみの「二大勢力」が、あまりに、「あこぎ」すぎるだけなのだ。それに、通常、他社は、逆らわず、逆にそれに乗っかかっている形なのだ。
そりゃ、安く売るより、高く売った方が利益が出るから良いに決まっている。
それに家賃の高騰。まともにやったって利益など出ない。儲かって来たら、そこの不動産のオーナーが、家賃を突然、ぼったくりのように上げるという構図。

正当な「競争」をしようとする会社は、最初から締め出そうとする。
最初、ここの店の品数は、残念ながら、とても豊富とは、言い難かった。
何故なら、まずメーカーからの圧力が、かかったのだ。
→「やっと少しは「競争」が始まった」の続きを読む