いつの間にかマネトロンがスーパーになっている

前回書いた通り、70年代あたりを中心としたプログレ(プログレッシブ・ロック)が好きだ。アナログのシンセサイザーやメロトロンの音の方が「暖かさ」や「柔らかさ」があり、なんとなく落ち着く。

1967年から活動しているドイツのタンジェリン・ドリームは、エドガー・フローゼだけがオリジナル・メンバーとは言っても、いまだ健在だ。彼らの歴史はまさに電子楽器の歴史だ。
20年前の話だが、そのタンジェリン・ドリームが1993年に「Three Phase」というビデオで出した。それを見て当時、驚いた。
「あっ、あの大きなアナログシンセサイザーがなくなっている。PC制御でモニターを見ながら演奏している!」
いまでは当たり前だが、当時は新鮮だった。まだ、Windows3.1の時代だったからだ。
(いつの間にか
エドガー・フローゼの息子がグループに加入していたことや、彼らのスタイルであった「顧客に背を向けて演奏」していないことにも衝撃を受けたが・・)
ご存知の通りシンセサイザーはデジタル化し、進化を遂げた。ただ「音」に「硬さ」があって、最初の頃は、あまりなじめなかったが。

ただメロトロンは、時代とともにその役目を終え、余り使われなくなった。
何故ならば、音がどうのこうの言う前に、その構造から「凄く不安定な」楽器だったからだ。
簡単に言えば、鍵盤を押すと、その音階の音のテープに録音された楽器の音などが、メロトロンから鳴る仕組みなわけで、サンプラーの元祖みたいなものだ。当時の技術から言うとかなり無理がある。
そのため、演奏中にも、数々のトラブルがおこる。

昔、イエスなどで活動した、キーボード奏者のリック・ウェイクマン(そういや、デビッドボウイの名曲、「スペイス・オディティ」のメロトロンもリック・ウェイクマンだったな。イエスのビデオ「イエスイヤーズ」で、音楽業界に関する貢献ということで話していた)が、ムカツイて一部、燃やしてしまったという伝説がある。
特に「タイミング」や「音程」にうるさいキーボード奏者になればなるほど、その「トラブル」は、がまんできなかっただろいうことは、容易に想像できる。

やはり、メロトロンで1番印象深い奏者と言えば、ムーディー・ブルースのマイク・ピンダーだろう。ムーディー・ブルース自体、「世界で1番小さなオーケストラ」と呼ばれ、メロトロンを熟知していた。

当然、今では、サンプラーで代用できるわけだが、問題は、どこまで、当時のメロトロンの音を忠実に再現できるかという点だ。

iPhoneで「Manetron(マネトロン)というアプリがある。開発者が、日本人ということもあり、出た当時、即購入した。そしてその音に驚いた。まさしく、あの「音」だった。
→「いつの間にかマネトロンがスーパーになっている」の続きを読む