「Midomi SoundHound ∞」を改めて見直した

Pocket

以前、「iPadって歌詞が表示されないんだ・・・」で紹介したiOSアプリ、「Midomi SoundHound ∞」についての話。

元々、このアプリは、「今、流れているこの曲、なんという曲?」などを調べるためのアプリだ。
Shazam  と並び称されるが、この「Midomi SoundHound ∞」、なぜ出た当時、直ぐに購入したかというと、ハミングで口ずさんでも、その曲のタイトルが、わかるというのだ。

当時は、はまりにはまった。意外にハミングでやっても的中率が高い。しかし、その「遊び」は、何回もやるうちに、さすがにあきてしまったことや、結構、知りたい曲は見つかったので、さほどまでは活用しなくなった。

最近のことだ。街角である洋楽がかかっていた。なんという曲だろう?即座にShazam で調べたが、出てこない。「Midomi SoundHound ∞」で調べると・・・出た。最近ではますます、Shazam より的中率が高くなっているようだ。

iPad miniを購入した時、初めてiPadでは曲の歌詞が表示されないことを知った。また日本で開始されていない、iTunes Matchのサービスを香港で受けているのだが、同じく、iClouldにある曲は、iPhoneであっても歌詞が表示されない。

せめて、洋楽のメジャーな歌詞くらい表示されないものか?
その時、「Midomi SoundHound ∞」のもうひとつの特徴を思い出した。
このアプリは音楽再生プレイヤーとしても使えるのだが、「Live Lyrics」という機能があって、その曲の歌詞を探して表示してくれるのだ。

SH1

iPhoneやiPod Touchなどに関しては、それだけでなく、iPhoneやiPodTouch上の歌詞まで表示されるのであるが、残念ながら今のところ、iPadに関しては、機能上、そこまではできないようだ。まあ、大概のメジャーどころの洋楽の曲は探してくるから、満足している。

昔からいわゆる「プログレ(プログレッシブ・ロック)」と言ったたぐいの音楽は好きだ。70年代あたりのアナログの頃のシンセサイザーやメロトロンの音色の方が、何故か心が落ち着く。

たまたまこの前、香港の島へ行くフェリーに乗ったのだが、天気が久々よくて、風も心地良い。そんな時は、iPhoneの曲をランダムに聴く。iTunes Matchで、もうすでに何百曲もiClouldに上げてある。何の曲がかかるかも楽しみだ。

そんな時、キング・クリムゾンの古典的名曲、「エピタフ」がかかってきた。おお・・・思わず、心の中で歌いたくなった(声を出したらキチガイ扱いされてしまうので)。歌詞をみたい。こういう名曲なら、歌詞はあるだろう・・・やはりあった。

SH2

しかも「当たり」だ。実は曲によって、歌詞が曲にあわせて、移動してくれるやつもあるのだ。おお!グレッグ・レイクのボーカルが気持ちいい。(実は歌詞とは、全くあっていない風景なのだが)

なお、もし、日本の曲の歌詞をみたいのなら、「うたまっぷ~歌詞が表示される無料音楽プレーヤー~ 」を併用すれば良い。こちらは、日本の曲中心に表示してくれる。たまに、日本のみの洋楽ヒット曲に関しては、Midomiになくとも、こちらで、表示されることもある。ただ一般的に、洋楽に関しては、全く違う歌詞を表示してくる時もある。(日本の同名タイトルを優先してくるみたいだ。その場合は、このアプリの「検索」で探して手動で設定すればよい)

Midomi SoundHound ∞ App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥600

うたまっぷ~歌詞が表示される無料音楽プレーヤー~ App
カテゴリ: ミュージック
価格: 無料


名曲、「エピタフ」が入っている名盤なのだが、日本のマニア向けに、こんな商品を出していたとは驚いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です