いつの間にインストールされていた?

Pocket

以前に書いた通り、最近になって、まだ、できるうちにやっておこうと、WindowsXPをインストールしてあるPCの、メンテナンスをしたりクリーンインストールしたりと、色々ごちゃごちゃとやっている。

ひさびさ、WindowsXPのPCをいじっていると、色々と忘れ去っていた、Windows特有のトラブルを思い出すハメになる。なんて、手がかかる子どもなんだ(笑)。
ただ、XPまでは、まだ手がかかっても、それなりの、面白味があったが、VISTAになったら、もう手に負えなくなってしまったので、ギブアップ。
現在はMacに切り替えたのであるが、こういうトラブルを相手にしていると、本当にMacにしてよかったなと、つくづく思う。一体、Windowsのおかげで、どれだけ無駄な時間を費やしたことであろうか?

そのWindowsXPをクリーンインストールしたばかりのPCの話。立ち上げると、わけのわかない、今時珍しい、MS-DOSの実行エラー。なんだこりゃ?

よくよく調べてみると、CMX.exeという実行ファイルが、悪さをしているっぽい。しかし、CMX.exeって、昔、どっかで聞いたことなかったっけ?
あっ、思い出した。あの、悪名高い、スパイウエアもどきのやつだ。
でも、一体、いつインストールされたんだろう?これだから、Windows は・・・・。
何かの無料ソフトにくっついていたんだろうな。まあ、遠隔操作ファイルではないから、まだマシか。

削除にあたっては、結構たいへん。あたりまえだが、簡単に削除できるようになっていないからだ。
ただ、WindowsXP定番の「スタートアップチェッカー」をインストールしているから楽。
ようするに、PC起動時に立上がるのだから、「スタートアップチェッカー」で、起動時、「無効」にして、ついでに削除してしまえば良い。

本来なら、このアプリ、ここで、リンクすべき、有益なソフトではあるが、あえてリンクしなかった。何故、今回、リンクしていないかというと、そういうのを配布している会社(有名なV社とか)が、そういうソフトを無料ソフトに同包しているという噂があるからだ。
もちろん会社として、違法なことはできないから、合法的に、ソフトのインストール時の同意時に、一緒にインストールする旨がこっそり書いてあったりする。(だから、スパイウエアもどき

ひょっとしたら、その「スタートアップチェッカー」のインストール時だったかもしれない。今さらなんとも言えない。確かにV社からダウンロードしてきたし・・・・。まあ、たとえくっついていても、そのソフトによって削除してしまえばすむことなのだが。
もし、そういうトラブルがあったら、個人の責任において探して、インストールして下さい。

あー、Windowsは、色々とめんどくさい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です