あいかわらずだな・・・

以前、「もう『三把刀』もクソもないけれども」で書いたある理髪店で聞いた話。
その場所は、香港でもあまり良い場所とは、とうてい、いい難い場所だ。今にも倒れそうな築50年くらいの、中にエレベータもないような古いビルが立ち並ぶ場所だ。
そこらあたりに住む人も、決して裕福ではなさそうな人達なのだが、そこにある八百屋さんがあって、最近、潰れたそうだ。

数坪の決して広くない路面の場所なのであるが、月の家賃を聞いて驚いた。
日本円で換算すると、百数十万円くらいなのだ。新しい契約で30%以上、家賃を上げられたらしい。前回の家賃上昇でも、苦しかったらしいが、今回、完全にトドメを打たれとのこと。
理髪店の親父さんは言う。「八百屋で1日いくら儲かる?これじゃ何もしない方がマシだな」

その場所、高級店舗にふさわしい場所ではない。そのうち、不動産の店舗か何かの金融関係の店舗にとって変わるのであろう。

ここ数年、香港の不動産において、賃貸の再契約で、値段をかなりあげられ、出ていかざるえないという話をよく聞く。
→「あいかわらずだな・・・」の続きを読む