Apple IDの関連付けには気をつけて

Pocket

以前にも書いたが、どうもここ数ヶ月の香港の天気の異常で、体を壊してしまい、思うように更新ができない目にあっている。
やたら雨の日は多いわ、本来は、猛暑の5月なのに、寒い日があったりとか。一昨日は寒かったのに、今日などは大変暑く(それが当たり前なのだが)、どうも体がついていかないようだ。
まあ、最近、家にある電化製品が壊れまくりという現状を考えれば、体がおかしくなることぐらい、当たり前だ。

ところで前回の続き。

たとえば、香港に住んでいるとする。香港のApple IDで、日本ではまだサービスが始まっていない、「iTunes Match」を利用しているかもしれない。
以前に、「iTunes Matchで気をつけること」で書いたが、このサービスは、Apple IDと関連付けしないと受けられない。
もし、このサービスをメインのPCのiTunesで使っているのに、誤って、他のApple IDで関連付けてしまうと、90日間、元のApple IDに関連付けできなくなるのだ。
お金を払っているのに、90日間、このPCでは「iTunes Match」が、使えないということになってしまう。

つまり、日本のApple IDで日本の本を購入したとする。問題は、香港に住んでいるのならば、通常、香港でのApple IDを使っているわけだ。しかも、「iTunes Match」のサービスを受けているのなら、間違っても、その日本のApple IDに関連付けしてはいけない。「iTunes Match」のサービスが受けられなくなるからだ。
購入した本を、たとえば、iPadやiPhoneで読む場合、その購入に利用した日本のApple IDに関連付けていれば、音楽やアプリの購入の時と同様、自動的にそれぞれのデバイスに、ダウンロードしてくれる。しかし、逆に言えば、関連付けしていないと、自動的にダウンロードしてくれない。

購入した本は音楽と同様、そのデバイスからiClouldを通じて、いつでも無料で取り直すことができる。しかし、それはあくまで、購入したApple IDと関連付けしている場合だ。しかも、一度、他のApple IDと関連付けてしてしまえば、何度も言うが、90日間、元のApple IDに関連付けできない。

だから、もしそういった事情で、通常使用していないApple IDで、日本の本を購入したら、必ず、iTunesがある、MacやPCに、同期USBケーブルによって同期し、それを、たとえば、iPhoneで読みたいなら、iTunesの自分の「iPhone」の「ブック」を選び、「ブックを同期」に、チェックを入れればよい。
間違っても、Apple IDと同期付ける方法で、ダウンロードしてこないように。

book1

しかしながら、iBooksの本は、現在、Macですら読むことができない。
結構、いろいろな人達が、どうにかやって、もっと大きなMac上の画面で、読む方法はないかと、試行錯誤を重ねている。

結局、今のところは、「Reflector」のようなiPhoneの画面をiMacに映し出すアプリを利用して読むしかないのであろうか?
ただ、ここで、そこまで個人的には、「Reflector」について、推奨は、できない。
どうも、AppleのiOSアプリ、「Remote」と同様、 使っているルーターによって、簡単にできないことがあるようなのだ。
自分の環境では、たとえば、「Remote」を使う場合、必ず、ルーターをその都度、再起動させて、設定し直さなければならず、この、「Reflector」も、実は、10分だけ使えるトライアルで試してみたのだが、最後まで画面に写し出すことはできなかった。

しかしながら、何故、Mac版、iBooksを出さないのか、全く理解に苦しむ。ただ、ライバル、AmazonのKindleは、すでにMacのアプリで、ビューアーを出していることは出しているのであるが、まだ、日本の書籍に関しては、対応していない。つまり、何か、「大人の事情」があるのだろう。(だいたいは検討はつくが)

Mac版のiBooksに関しては、気長に待つしかない。

(追記)ついに新しいMacのOSX MavericksでiBooks登場となった。
これでMacで本が読めるようになる!

[最新iTunesブックランキング:TOP5]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です