iBooksでマンガの文庫版は出ないのかな?

ご存じの通り、日本で3月から、iBooks で、日本向け書籍の販売を開始したが、その販売のランキングは、いつ見ても、特定のマンガか、ハウツー本などの文庫本の感覚で販売されている割安な書籍などが上位を占めている。

まあ、当たり前と言えば、当たり前の結果だ。

特に、どこの本屋でも売っている「活字」の本が、通常の紙媒体の本とさほど変わらない値段で販売されているのなら、個人的には、間違いなく買わない。紙媒体のものなら、ちょっとたてば、古本屋でもっと安く買えるかもしれないし、将来、その本の「価値」が逆に上がるかもしれない。本によっては、「本」としての、思い入れがある時もある。(だから本によって「価値」が上がるのであるが)

しかも、そういう電子書籍は、AppleのiBookだけでなく、AmazonのKindleなど、いろいろな会社で販売しているが、買った本が、逆に、将来、読むためのビューアーなどが入っている携帯端末の変化などで、読めなくなることもあるかもしれない。

電子書籍に関しては、やはり、どこでも気軽に読めるとか、紙媒体とは違う電子書籍ならではの良い点とか、出版社などが紙媒体とは違い、在庫を持たない分、かなり安くなっているなどの点が重要なのは、当たり前だ。

一般の日本のマンガに関しては(もちろん全部ではなく、あくまで「一般」の)、逆行している気もする。その販売ランキングの上位をみていると、なんだか、納得してしまう。

たとえば、iBooksのマンガで、現在、やたらランキングの上位を占めまくっているのは、 諫山創の「進撃の巨人」だ。
そのマンガの迫力から考えても、iPad等で読むのに、向いているのかもしれない。

また、佐藤秀峰氏の「ブラックジャックによろしく 完全版 上 」(上・中・下の全3巻という形に分けている)は、100円だ。安い。
ただ、これは、作者の好意で、「ブラックジャックによろしく」の二次利用をフリーにしたおかげであり、iBookでなくとも星川進氏が開発した「無料で全巻!ブラックジャックによろしく + 無料で1巻! 新ブラックジャックによろしく 」というアプリなどでは、無料で読むことができる。
(追記)最近では、iBooksの方で、1巻、1巻、無料で出ている

→「iBooksでマンガの文庫版は出ないのかな?」の続きを読む