iTunes Matchで気をつけること

日本で、もうそろそろ、「iTunes Match」のサービスが解禁になると言わてから、ずいぶんと時間が過ぎ去ってしまった。そしていまや、話題にすら、ならなくなった。

香港で、昨年の7月、「iTunes Match」のサービスが始まってすぐ、実際に使用してみたのだが、残念ながら、特に最初の頃は、トラブルがひどすぎて、使い物にならなかった。
一時は、「金返せ」状態だった。しかも、文句のメールをApple側に送っても、返事はよこさない。やっとよこしてきた文章をみると、「お前、客商売やったことがあるのか?」とか言いたいような偉そうな態度が、文章にあらわれている。しかも、やたら、「これは、ここで言え」という形で、ぐるぐる回り、気がついたら元のところに戻ってと、とにかく、たらい回しにされた。

中国でApple叩きが一時あったが、中国側の戦略的なものだけではなく、確かに、消費者に誤解をあたえるような対応も、かなりあったと思う。

ただ、そういうのも、大分減ってきて(完全になくなったとは、いまだに言えないが)いろいろな点で良くなってきてはいる。

しかしながら、「iTunes Match」自体のコンセプトは素晴らしいものだと思うし、そのうちその点について、もう一度書こうと思うが(以前書いたものはここ)、それでも、まだまだ、このサービスが、満足できるとは言い難い。

ここで、ひとつ、「iTunes Match」のサービスで気をつけることがある。実際、調べてみると、いろいろな掲示板で、以前からこの件に関して、Appleに対する不満が爆発しているようだ。

現在、AppleのIDを、デバイスやコンピューターなど、最大10台関連付けることができるが、一度関連付けると、そのデバイスやコンピュータは、その後 90 日間、別の Apple ID に関連付けできなくなる。

まあ、通常は、自動ダウンロードできないとか、その程度のもので、あまり影響がないのだが、これが、「iTunes Match」でも適用となるのだ。

→「iTunes Matchで気をつけること」の続きを読む

XPの基本中の基本を忘れてしまっていた

6年ほど前に、日本で買った、小型のノートPCが、ついに壊れてしまった。
スイッチをつけても、ウンともスンとも言わない。いろいろやっても、駄目だ。
本体も変な熱を持っている。下手に修理に出しても逆に高くつく。捨てるしかないので、分解。

幸い、ハードディスクは壊れていなかったので、デーダーは確保できた。
元々、このノートPCは、Windows Vistaだったやつを、あまりの激遅にむかついて、無理やりXPをインストールしたものだ。
つい最近も書いたが、そのWindows XPのサポートが、いよいよ1年をきったが、今さら、Vistaに戻す気など、さらさらなかったので、どうしようかと思ったが、これで、考えなくてもよくなった。

しかしながら、現在、これで、自分の身の回りの電化製品で、メイド・イン・ジャパンどころか、日本のメーカーのものが、ひとつもなくなってしまった・・・と思ったら、ひとつだけ残っていた。
なんと25年前に買った、東芝のマルチシステムのテレビが、いまだに、一度も故障せず、TVやビデオを鮮明に映し出している。これをみると、あらためて、昔の「メイド・イン・ジャパン」の凄さがわかる。ただ、同じ頃に買った日本の電化製品でも、ソニーの製品とか、1年の保証期間が過ぎたかと思ったら、すぐに壊れてしまったけれども。

今回、ノートPCも壊れたことだし、これを機会に、いつでも、他のWindows XPをインストールしたPCとも、別れが来てもいいように、現在、XP上にあるファイルの整理等をおこなっている。

そのPCのファイルを整理していた時、ディスクトップの「マイ コンピューター」のアイコンが、なんらかのひょうしに、突然、消えてしまった。 →「XPの基本中の基本を忘れてしまっていた」の続きを読む

中国人は凄いな・・・

先週、金(きん)の価格が、1toz=1500ドルを割ったと思ったら、転げるように落ち続け、ついには、1983年以来の大暴落になり、現在も1300ドル台後半で推移している。

今回の暴落では、やれ、金のETFから他の投資へのシフトとか、キプロスが売るのではないかという話やら、中国の景気減速とか、いろいろな複合的要因が言われている。

昨日、火曜日の夕方の話だ。香港のとあるところを通ったら、その店が人で溢れかえっている。「何かのバーゲンかな?」と思って中を覗いていみると、店内には、いかにも、中国本土の金持ちと考えられるような人達で、ごった返し。

実は、その店、金(きん)を中心に扱う宝飾店(金行:ガムフォン)なのだ。

昔から、そういう店は、金を販売するだけでなく、買い取りもおこなう。

中国人は、本当に、金(きん)が大好きだ。縁起物として、身につけるのと同時に、投資としても、購入する。また、祝い事で、人に、贈ったりもする。
さすが、今回の1983年以来の暴落、絶好のチャンスということで、買いに来ているらしい。 →「中国人は凄いな・・・」の続きを読む