奇々怪々な銀行送金手数料

以前、書いたが、基本的に無料のアプリ、特にゲームは、余り紹介しないことが多い。何故なら、「無料(タダ)」ほど高いものは、なかったりするからだ。

しかしながら、何度か紹介している、「App of the Week」など、本来は有料なのであるが、キャンペーンのために、一時的に無料だというものは、全く別だ。
ゲームでも、うざい宣伝もなければ、アプリ内購入をしなくとも、最後まで、きちんと遊べる。ただ、若干の宣伝や、ゲームを簡単に達成できるためなどの、有料アイテムを設けている場合は多いが。
(ちなみに今週の「App of the Week」は、「Bee Leader 」だ。それなりに、楽しめるゲームではあるが、やはり、以前の定番ゲームというべき「プラント vs. ゾンビ」や、「Fruit Ninja」などは、名作で、はまった。現在有料だが有料とは言っても、85円なので、その価値は十分あるゲームだ。)

ただ、敵もさる事ながら、最初から、元々「無料」で出す気のアプリを「いまだけ無料」と謳い、実際は、うざい宣伝や、アプリ内でアイテムなどを購入をしないと、先に進めないようなゲームアプリなどもあるので、気をつけないといけない。結局、有料のアプリとして買うより、遥かに高くつくこともあるからだ。
まあ、最近は、さすがに、その手の、まるで詐欺みたいなアプリも、多少減ってきているが。

また、そういう無料アプリ方のランキングも、いろいろ各社、各個人、工作しているような時もある。無料だから、Apple IDさえあれば、誰でも無料でダウンロードできるわけなので、ダウンロード数を、どうやったら、増やせるか、簡単にわかる。いくらダウンロードしても、無料なので、Apple側にその都度、売上の30%を納めなくても良いからだ。

よほどよくできた、ビジネスモデル(例えば、Angry Birdsシリーズのアプリとか)を除いて「安い」とか「無料」というのものには、それなりの、とんでもないワケがあることが多い。それは、このようなアプリの話だけではない。

いろんな業界で、「表面上」は安いのであるが、実際使うと、遥かに高くつくという話はいくらでもある。ただ、そういうのが急増してきた感がある。

例えば、ある香港の銀行にも言えることだ。

→「奇々怪々な銀行送金手数料」の続きを読む