日本のアプリ価格が割安になってしまった

ご存知の通り、AppleのiTunes StoreのiPhoneやiPadのアプリやApp StoreのMacアプリは、マルチランゲージのものが多い。そして、そのアプリを販売している、それぞれの国々で、アプリの値段の単価が決まっている。
そのアプリの最低価格なのだが、日本の場合、2011年7月に、それまで115円であった価格が、急激に進んだ円高のために割高だったので、突然、85円に改定された。
それでも、それ以降も円高が止まらず、一時、70円台に突入し、日本のアプリ価格は、それからみると、割高であった。

しかし、現在、アベノミックス及び4月4日の日限の新たな金融緩和策の発表で急激に円安が進み、1ドル=97円台になった。このままでいくと、いよいよ1ドル=100円も、秒読み状況になってきた。

本日(4月6日)現在の為替で、他の国の最低(単価)価格及びその円換算では、以下の通りになる。 →「日本のアプリ価格が割安になってしまった」の続きを読む