Macは海外に住めばこそなのに・・・

香港でMacを使っている人とあまり出会わない。というか、自分が知っている香港在住の日本人でMac愛好者は、ほぼいない。

香港人なら、たまにいる。使っている人に、ある共通点がある。それは、元々、英語でタイピングする人達ばかりだ。最近でこそ、Macは、中国語対応を強化してきて、便利になったが、それまでは、どうも、そういう点では、イマイチだった。(まあ、日本語もそうであったが)

香港人で、特にある程度、年をいった人は、97年の返還までは、英国領であったことや、広東語自体、元々、書き言葉でない上に、タイピングなどが難しいこともあり、英語の方の文章が楽だという人も多く、そういう人達は、元々、英語でPCなども使っているので、Macでも、かまわなかったわけだ。特に、一時のVistaのクソ具合で、やはり、Windowsに見切りをつけた人も多かったようだ。

以前書いたが、タブレットに関しては、書くのが難しい繁体字でも、ある程度の字の形で判別するわけだから、香港人にはうってつけで、PCよりタブレットや、大きめのスマートフォンでメールを送っている人が多い。

そういう香港人の需要はさておき、香港など海外に住む日本人ならMacが便利だと思うのだが、何故少ないのだろうか? →「Macは海外に住めばこそなのに・・・」の続きを読む