iPad miniで本を読む

Pocket

iPad miniでやりたかったことのひとつに、本を読むことがあった。

iPadに関しては、動画を見ること以上に本を読むことに向いているのは、その画面サイズの縦横の比率が、結局、4:3だったわけで、以前書いたとおり、iPadが、週刊誌くらいの大きさ(B5版のサイズくらい)で、iPad miniが、教科書くらいの大きさ(A5版のサイズくらい)なのだから、当然だ。

今では、他社で、iPadより、本を読むことを中心にした高機能で安い価格のアイテムは、確かにたくさんある。しかし、iPadは、本を読むことを主としたわけではなくて、元々、PCと同じ様なことができるマルチメディアアイテムで、これでネットブックのような役目も果たしながら、それ以上に教育・ビジネスにも活用でき、その中で、ついでに書類、本を読むことができたら、もっと便利であるというところの、どっちかというと、その付加価値の部分に、本を読むことがある。

よくよく考えたら、iPhoneの画面で本を読む事自体大変で、それ用に、1画面の文字や絵などについて、調整しなければならないかもしれないのに対し、逆に動画の方が、細かくても、それほど問題ないのかもしれない。だから、iPhoneの縦横の画面比率は16:9で、iPadは、4:3が正しいのかも知れない。ただ、個人的には、iPhoneとiPadの「互換性」という立場から、両方とも4:3で良かった気がする。

まだ、iPadが出る前に、iPhoneアプリで本のアプリを購入したことがあったが、最初に、そういうアプリが出た時、iPhone用にちゃんと字の大きさとか考えていないやつが多くって、しかも、単に、オリジナルをそのままスキャンしただけなので、その字があまりにも小さくて読むのが修行みたいな本もあった。
「金返せー!」とレビューを書いたところで、そのアプリを出した会社(出版社)も、出してしまったものを、今さら、本当の意味でのデーター化をする気がないから、無視を決めたところもあった。
しかし、そういうところでも、その後、iPadが出て、一応、iPhone及びiPadアプリとしてアップデートし、iPadでは問題なく見れます、というかんじでおさめたが、そうしたところで、当時iPadを買う意志もなかった自分としては、どうしようもなかった。

そして、そういう本をやっと、このiPad miniで読むことに。その本は、すごく小さな字で書かれているので、iPad miniだとRetinaディスプレーを採用していない上に、iPadより一回り小さなサイズなので、大丈夫かと思いきや・・・・読みやすい!さすが、この大きさだと快適。miniでも、全く問題ない。

それと、もうひとつ楽しみにしていたのが、太っ腹、無料配信の「無料で全巻!ブラックジャックによろしく + 無料で1巻! 新ブラックジャックによろしく」をiPad miniで読むことだった。現在、作者は、本におけるビジネスモデルを真剣に考えながら、まるでこの主人公と同じように、日本の業界のタブーに挑戦している。読んで・・・感動・・・涙、涙。一気に読んでしまった。
医療だけではなく、どんな世界でも、こういう問題点は、多かれ少なかれある。
日本の問題は山積みだ。言葉と裏腹に、だんだん夢がない世界になっていっている。

あと、以前から、iPhoneで利用していた、ComicGlass[コミックリーダ]が、iPad にも対応していたので、これを使い、「自分だけの」料理レシピ本を作成。

今では、「お料理アプリ」と称するものはたくさんあるが、昔のいろいろな料理レシピ本が家にはたくさんある。その中には、かなり貴重な「コツ」が書いてある本もたくさんある。ただそういう本で、実際に使っているページは、実は、さほど多くない。1冊につき、せいぜい数ページだったりする。
この、必要としているページをスキャンし、それらのJPEGファイルをまとめて、「レシピ」とのタイトルでZIPファイルにし、iTunesのAppの下の方の「ファイル共有」から、このComic Glassにそのファイルを転送する。
そして、iPadのアプリを立ち上げると下の様に、画面いっぱいに表示される。

当たり前だが、少々小さくて見にくいなら、ピンチアウトで拡大もできるわけで、これは想像以上に便利だ。こういう本のたぐいは、いまさらながら、やはり、iPad系が快適だ。

あとは、日本の本が海外でもダウンロード販売してくれればいいのだが・・・・そこにまた音楽関係同様、大きな壁がある。
当たり前の話だが、海外ほど、このダウンロード販売を、みんな心待ちにしている。実際、海外からの本の取り寄せには時間も、金もかかる。欲しくても、よほどの本意外はあきらめてしまうケースが多い。

シンガポールでは現地で紀伊國屋書店ががんばっているおかげで、問題はないものの、その他のアジアの国々や、欧米でも、日本の本屋は減少傾向だ。当たり前だが、日本でも本が売れなくなっているのに、海外どころではない。

日本を外から見ていると、いろいろなチャンスをすべて、誰かが、みずから潰しているような気がしてならない。そしてビジネスチャンスが激減していく。しかし、その中、頑張っている人達も確かに大勢いる。そのビジネスチャンスを、潰した人達が、逆に、頑張っている人達がやっとのおもいで、作り上げた成功にタダ乗りをして、それをまたおかしな方向に持っていく。

将来、日本で、本や音楽に関して、ちゃんと、まともな動きになった時は、日本全体も、少しは良い方向に向いてきたいうことのサインなのかもしれない。

無料で全巻!ブラックジャックによろしくApp
カテゴリ: ブック
価格: 無料

ComicGlass[コミックリーダ] App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥250

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です