Apple Event、こうきましたか・・・・

Pocket

ご存知の通り、日本時間の10月24日午前2時より、Apple Eventが開催された。
今回は、Apple TVやAppleのホームページからもEventの中継が行われた。

最初は、最近時に、やたら鼻につく、クック氏の「Appleの自慢話」から始まり、そこから怒涛のごとく、新しい商品の発表会となった。

一番、予想していなかった商品は、あの新しいiMacで、ほぼモニターのみと誤解するほどの薄さには、さすがに驚いた。ただ、逆に、そこまで薄い意味があるのかと思ってしまう。

ようするに今回、それを実現するために、ついに、DVDドライブがなくなった。もちろん外付けはできるわけだが、その外付けのドライブを置くスペースは?と考えてしまう。
iCloudの本当の意味での完全な完成形を考えると、元々、もうDVDやCDなどいらないわけで、確かに、音楽もアプリもiTunes StoreやApp Storeからネット経由で購入できるわけだ。

まあ、今回の「極薄」iMac登場前の、現在のiMacのDVDドライブは、確かに、ちょっと不安で、「もし、このドライブだけ壊れて、ディスクが出なくなったらどうしよう」という不安が常につきまとうし、実際出なくなって困ったこともあった。

しかしながら、今回のiMacはUSB3をサポートし、最大768GBのSSD(フラッシュメモリードライブ)まで選択することができる。その上、そのSSDは、常に使う頻度が高いアプリなどに関して、自動で、ハードディスクからSSDに移してくれるという。なんとも凄い商品だ。

ただ、個人的には、現在使っているiMacで十分。逆に、いまでも、驚くほど、十分に薄いし、DVDドライブも外付けする必要がない、本当の意味でのオールインワンなので、実は今回のiMacは凄いのに魅力を感じていない。

そして、肝心のもうひとつの目玉が、(第4世代)iPad及びiPad Mini。
iPad Mini自体、「iPad2を一回り小さくして、カメラを良くし、Siriも使えるようにした上に、Lightningコネクター仕様にしました。」というようなもの。
(第4世代)iPadをここで、投入してきて、コアチップをA6Xにして、Lightningコネクター仕様にしたが、16:9の画面比率にしなかったということは、今度、あらためて書こうと思うが、iPadはiPadで、「我が道を行く」商品というか、もう、現在の画面比率、4:3をいろいろな用途のいろいろな事情で変えれなくなってしまった気がする。

しかしながら、今年の3月に発売され、あれだけ評判を呼んだあの第3世代の「新型iPad」が、約半年で、もう販売がなくなるわけで、この商品が、まるで、なかったことに(笑)・・・・。

特にiPad Mini、ご存知の通り賛否両論。個人的には、欲しい商品で、これに関して、いろいろ誤解している面が多いような気がする。詳しい話しはまた次回。

しかし、他にも「ハード」に関しては、他にもMac Miniなどてんこ盛りだったのだが、「何ができるか?」のソフトに関しては、「iBook」と「iBooks Author」の追加機能だけか。これも、iPadに深く関連したことだが。やっと、今回、縦書に対応。ワープロソフト、「Pages」の縦書き対応も、そろそろかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です