iPhone5ってこういう意味か?

iPhone5が発表された。今回の盛り上がりに反し、はっきりいって全く食指が動かない。

確かに、今回のiPhone5は凄い。特に発売されるまでわからなかったメモリに関しても、iPhone4Sのばあい、512Mのメモリだけだったものが、iPhone5では1Gになっている。これだけ搭載されていれば、途中でのメモリ不足もたいして起こさないだろう。
それ意外のカメラの性能、画面の明るさ、処理速度の向上など、言うことがない。
ただ、iOS6で地図が大変残念なことになり、前回書いた通り、実際に被害を被ったが、最初の地図は、あんなものだろう。徐々に改良されていくことと思う。

さて実機を触るチャンスがあったので、触ってみたが、最初は正直いって、「何じゃこりゃ?」だった。はっきりいって、以前の4Sまでのスタイルで、今回の向上した性能のiPhoneの方が、「電話機」としては良いように思える。

大きな画面とは言っているが、はっきり言って画面が縦長になっているだけ。これによって文字を大きく見やすく表示できるようになったわけではない。
じゃあ、本当はなんのための縦長?かと思う。単に通常のアイコンが4列から5列って何の意味や効果があるのだろうか?5列だからiPhone5か?

しかし、単純に考えて、縦長になったものは、横にすると、横長だ。実は、ここが重大な部分であると思う。 →「iPhone5ってこういう意味か?」の続きを読む